海外ドラマあ行, 海外ドラマ(外国)

妻に先立たれて絶望しかないおじさんのとっても悲しい世界。
でも周りはみんないい人で優しくて犬は可愛くて、とっても温かい世界でした。
夫婦って、友達って、素晴らしいな!自分もいい人でありたいな!そんな風に思えるドラマ。
製作総指揮:リッキー・ジャーヴェイス
出演:リッキー・ジャーヴェイス、トム・バスデン、トニー・ウェイ、ダイアン・モーガン、マンディープ・ディロン、デヴィッド・ブラッドリー、アシュレー・ジェンセン、ポール・ケイ
脚本:リッキー・ジャーヴェイス
原題:After Life
製作年:2019年
製作国:イギリス
第1話:やりたい放題な上、それを”スーパーパワー”だと言い放つトニーに、新聞社タンベリー・ガゼットの同僚らはうんざり。新聞社に新人記者がやってくる。

第2話:失くして怖いものはないトニーは、ヘロインを試そうと思いつく一方で、子守をするうちおいっ子と仲良くなり、サンディとも少しずつ打ち解けていく。

第3話:雇った”性労働者”に変わった依頼をするトニー。その後、父親の世話をしている看護師に説教され、同僚と行ったコメディクラブでは気まずい雰囲気に。

第4話:一度は断ったものの、義弟マットから勧められたブラインドデートに出かけることにしたトニー。さらに、ガラにもなく態度の悪さを謝る一面を見せる。

第5話:取材してほしいというブライアンの度重なる頼みについに折れ、トニーたちが彼の家を訪れる。息子の学校から気がかりな話を聞くマット。

第6話:幸せな気持ちにはなれなくても、少なくとも最悪の気分から抜け出せるよう努力すると心に決めたトニーは、遅ればせながら周りの人たちへ感謝を伝える。


【ビデオパス】 【動画】 【人気ブログランキング】


【AU動画】 【tutayatv】 【dmm】 【geo】

海外ドラマあ行, 海外ドラマ(外国)

東方神起のユンホ主演によるラブコメディ第1巻。
広告会社に勤める平凡なOLソンアは弟に頼まれ手作り弁当屋“Flada(プルアダ)”に注文品を受け取りに行く。そこで、まるで少女漫画から飛び出してきたかのような外見のオーナーシェフ、グクテに一目惚れしてしまう。材料が余ったからとグクテからサービスでお弁当をもらったソンアは、中に愛のメッセージが書かれたカードを見つけ浮かれるが。
監督:アン・ギルホ
出演:ユンホ、キム・ガウン、チャン・スンジョ、ク・ジェイ、チョ・ユヌ
脚本 イ・ムンヒ、オ・ボヒョン
制作年 2015年
制作国 韓国


【ビデオパス】 【動画】 【人気ブログランキング】


【AU動画】 【tutayatv】 【dmm】 【geo】

海外ドラマあ行, 海外ドラマ(外国)

『ヴェロニカ・マーズ』のスタッフが贈るゾンビエンタテインメントの第2シーズン。
元婚約者・メイジャーとよりを戻したリヴ。一方、変わり者だが天才的な上司・ラヴィは、ゾンビ治療薬を再現しようと必死に研究を進めていた。そんななか、ミート・キュート殺人事件の捜査を進めるクライヴ・バビノーは、じわじわとリヴの秘密に迫っていく。

第1話 帰ってきたリヴ:ウェンデルという老人が車の下敷きになって死亡した。第一発見者である義理の妹・クララは、ウェンデルは病気になって以来、偏屈になり、みんなに嫌われていたと証言。リヴとバビノーはさらなる情報も得て動きだす。

第2話 学生気分:大学生のチャドがパーティ中に殺される。チャドの脳を食べたリヴは、すっかり学生気分になりパーティを満喫。一方、ゾンビ治療薬の材料である不純物入りユートピアムが手に入らないため、ラヴィはあることを試みる。

第3話 シアトルのセレブ妻:裕福な主婦・テイラーが、不動産業者を装ったジョーと共に自宅のベランダから転落死する。クライヴはジョーの犯罪歴などから委託殺人だと推測。テイラーの脳みそを食べたリヴは、おしゃれが大好きになってしまう。

第4話 カントリー歌手の悲劇:カントリーミュージック・バーのウエイトレスが殺された。彼女の脳を食べたリヴは歌を口ずさむようになり、シアトルに戻ったペイトンとも和解。ブレインは、不純物入りユートピアムを作ったガブリエルを見つけだす。

第5話 バスケコーチの死:少年バスケのコーチをしていた男性の脳を食べたリヴは体育会系になり、メイジャーに活を入れる。船上パーティの時と同じ不純物入りユートピアムをついに手に入れたラヴィは、次なる行動を起こす準備をしていた。

第6話 ギャンブラー:ギャンブル好きのハリーが殺された。リヴが参列したハリーの葬儀には、NBAのスター選手・カルヴィンの姿もあった。ハリーの脳みそを食べたリヴは、過去にカルヴィンがハリーと組んで八百長をしていたことを知る。

第7話 殺人はマジック:ホテルで開かれていたマジックの大会中に、マジシャンのシドが殺害された。一方ブレインはリヴに、一連の失踪事件の被害者3人はゾンビで、何者かがゾンビを殺していると教えて協力を依頼。リヴは渋々引き受ける。

第8話 ストーカー行為が止まらない:殺人現場に到着したクライヴは、銃殺された被害者・レジナを見て、自身が何度かデートした女性だったため驚いた。さらに、現場にクライヴの銃が落ちていたことから、アリバイのない彼は容疑者となってしまう。

第9話 正義のヒーロー:昼は高校教師、夜は正義の味方として街を巡回していた男・フォグが殺された。フォグの脳を食べたリヴは、大量の銃が密輸されていることを知り、単身で取引現場に乗り込む。そして間一髪で命は助かるリヴだが…。

第10話 ゾンビ・ハイ:ドラマ「ゾンビ・ハイ」の出演者が死亡。クライヴは、このドラマが好きなリヴの熱意に折れ、彼女を捜査に協力させる。元ゾンビのラットがゾンビに戻っているのを見たラヴィは、人間にも同じことが起こると確信した。

第11話 官能ラブロマンス:図書館員で官能小説家でもあるグレースが、ドクゼリを盛られて死亡。グレースの脳を食べたリヴは、ブレインの部下でゾンビになりたてのドレイクをデートに誘い、彼にもグレースの脳を食べさせる。

第12話 SNSに夢中:湖で3人の遺体が発見されるが、3体とも頭がなかった。リヴは空腹を満たすためにSNS依存症だった女性の脳を食べ、その影響でSNSに脳料理の写真を投稿した。やがて、マリーナで血まみれのボートが発見される。

第13話 ビッグ・フィッシュの虚言癖:コーリーという男の遺体が見つかる。彼は病的なうそつきで、その脳を食べたリヴはうそばかりつくようになる。そしてリヴのビジョンで、コーリーが不純物入りユートピアムを飲んだ売人を殺していたことがわかった。

第14話 ポジティビティ・カフェ:ラヴィはついに治療薬作りに着手する。一方、コーヒーショップのオーナーが、店の2階から落ちてきたエアコンの下敷きになって死亡した。エアコンには固定用のネジを外した形跡があり、クライヴは他殺と確信する。

第15話 科学の誘惑:焼死体となった科学者のキャッシュ博士の脳を食べたリヴは、彼がマックス・レイジャーに勤務していたことを知り、研究者に扮装して潜入。地下室で実験をしていたキャッシュは、本物のゾンビを監禁していたらしい。

第16話 ゾンビ・ストリッパー:再びリヴと暮らすことになったペイトンは、情報協力を依頼していたストリッパーのキャシディから電話を受ける。しかし通話の最中、彼女は通りかかった車に乗った男に、タイヤレンチで殴り殺されてしまう。

第17話 過去の自分の幻影:大学のプールで絞殺体が発見される。被害者のベイリーは学生自治会の会長候補だった。ベイリーの脳を食べたリヴは、ゾンビになる前の自分を思い出す。一方、メイジャーはついにゾンビに戻ってしまった。

第18話 空腹のメイジャー:メイジャーが逮捕された。ラヴィはリヴとペイトンに、メイジャーはカオス・キラーだが実は誰も殺しておらず、ドレイクも凍っているだけだと告げる。ラヴィは、メイジャーから凍ったゾンビの隠し場所を聞き出すが…。

第19話 救出作戦:ペイトンはブレインを自宅にかくまおうとするが、ブレインを追ってきたケニーにペイトンが拉致されてしまう。ブレインはペイトンを救出すべく、単身でミスター・ボスのオフィスに乗り込む。

監督:マイケル・フィールズ
出演:ローズ・マクアイヴァー、マルコム・グッドウィン、ラフル・コーリ、ロバート・バックリー
制作 ロブ・トーマス、ダイアン・ルッジェロ=ライト
脚本 ロブ・トーマス、ダイアン・ルッジェロ=ライト
原作 クリス・ロバーソン、マイケル・オールレッド
原題 iZombie Season2
制作年 2015年
制作国 アメリカ


【ビデオパス】 【動画】 【人気ブログランキング】


【AU動画】 【tutayatv】 【dmm】 【geo】

海外ドラマあ行, 海外ドラマ(外国), サスペンス-

身分を偽る凶悪犯罪「IDクライム」の解決のために集められた、ロンドン警視庁特殊捜査班の活躍を描いたサスペンス。

第1話 見えない敵 Second Life:閑静な住宅街で立て籠もり事件が発生。37歳の女性をひき逃げしたとして追われていたカーティスは、銃を握り締めながら「ひき逃げしたのは自分ではない」と主張する。彼は戦争に従事していた元軍人で、退役した後は経営コンサルタントに転身し、経営も順調だった。しかしある日突然、IDを盗まれたことで、全く身に覚えのないひき逃げの被疑者にされてしまったというのだ。いったい誰が、何のためにカーティスのIDを盗んだのか。

第2話 ゆがんだ愛情 Chelsea Girl:ジョンは捜査員でありながら、いまだに潜入先のマフィアとの交流が切れないでいた。そんな中、シドニーで事件に巻き込まれて殺害されたイギリス人女性のカードが不正に使用されていたことが発覚し、空港の監視カメラでカードを使用した女性の面が割れる。彼女は殺害した女性に成りすまし、父の再婚相手の元に向かっていた。

第3話 消えぬ汚名 Pariah:身分を偽って暮らしていた母と息子――。何者かにより母親の10年前の過去が暴かれてしまい、二人は住民たちからの迫害を受ける。危険を感じた警察は彼女たちをかくまうが、身を隠した場所は極秘情報だったにも関わらず息子が誘拐され、300万ポンドの身代金を要求される。それはまるで10年前の事件を彷彿とさせ、報復を思わせるものだった。

第4話 償いの方法 Reparation:アイデンティティ・ユニットに持ち込まれた有名資産家ダッタ氏の別人疑惑。知らせてきたダッタ氏の主治医は、歯の特徴やカルテとの不一致があり、顔は本人だが明らかに別人だと主張する。しかし、政府としても下手に動けないほどの大物であるため、ジョンがダッタ氏の屋敷にDGP(要人警護グループ)の一員として潜り込み、DNAを採取することに。顔を変えてまで成りすます理由はいったい何なのか。

第5話 偽りの果てに Somewhere They Can’t Find Me:何年もの間行方が分からなくなっていた伝説の革命家ナディアが発見された。彼女の過去は一切分からず、交通事故で運び込まれたのだ。しかしナディアは見張りを殴り倒し、かつての同志マルコと共に地下に潜ってしまう。彼女はマルコと再び革命を目指すつもりなのだろうか。全貌は彼女を捕まえれば明らかになるはずだったが。

第6話 暴かれた真実 Tomorrow Comes Early:セメント工場から数人の埋められた遺体が発見された。捜査はジョンがかつて潜入していたマフィアのシマであるトルコ人が多く住むエリアに絞られた。マフィアとの縁が切れていなかったジョンは、ユニットとマフィア両方から疑いの目をかけられることになる。

監督:アンディー・ヘイ、ブレンダン・マヘア
出演:キーリー・ホーズ、アイダン・ギレン、ホリー・エアード、ショーン・パークス
脚本 エド・ウィットモア、エドワード・ベネット
原題 Identity
制作年 2009年
制作国 イギリス


【ビデオパス】 【動画】 【人気ブログランキング】


【AU動画】 【tutayatv】 【dmm】 【geo】