洋画(外国),洋画ま行,ファンタジー

新たな生活にウキウキするジゼルだったが、慣れた町から離れることに反対だったモーガンとの溝は深まり、新居は欠陥だらけで踏んだり蹴ったりの毎日。
うんざりするジゼルはある日“魔法の杖”を手にし、その力を借りることを決心。
彼女は幸せな生活を望んで、ある願い事を唱えるのだが・・・
目を覚ますと一緒に暮らすロバートが突然歌い始め、町の人々が踊りだし、モンロービルがまるでおとぎ話の世界に変貌!
願った世界に心を躍らせるジゼルだったが、魔法の力はたちまち町や家族に危険を及ぼし始め、優しいプリンセスだったジゼルに邪悪な影が見え隠れし始めます―。

前作のハッピーエンドのその後ということで転けるにおいが結構していたが内容はまずまず。原題はDISENCHANTEDで魔法の解けた。エイミー・アダムスの演じ分けは面白く、序盤からジゼルが完全にイタイおばさん扱いで魔法が解ける。
映像的には15年前の前作の方が実写、2Dアニメ、CGの融合がうまくいっていた。本作は予算不足だったのか映像的な魅力に薄く魔法の描写もセットも安い。ドラゴンと巨人の全体姿を見せないなど明らかに不自然なところもみられた。アラン・メンケンが音楽を引き続き担当し歌はいいのでミュージカルシーンはそこそこ力が入っているが、これもどちらかといえば歌と演者に引っ張られている。ファンタジーで映像がつまらないのはかなりつらい。
内容面ではアニメ世界をただの理想郷として描かず相対的に捉えているところが前作同様作品の世界観とリンクしていて面白かった。前作との違いはアニメ世界の扱い。前作がディズニーアニメの愉快なパロディだったとすれば、本作は過去のディズニーのステレオタイプ描写の具体的で明確な批判をしたうえでのパロディという感じ。
今作のジゼルは現実世界の厳しさからファンタジー世界を懐かしむが、アニメ世界は美しく華やかだが同時に継母=悪役という役割主義の世界でもあるという点を今作は強調し、アニメ世界と現実世界とを対比させている。そしてアニメ世界は古き良きディズニーの象徴でありジゼルの懐かしんでいるのはそのままかつてのディズニーアニメの世界だと言える。
人によってはこの筋立てがただの自作否定に映り嫌な気持ちになるのかもしれないが、私には華やかだったけどもう戻れない世界への敬意と憧憬のこもった批判であるように感じられた。少なくともステレオタイプ表現で売っていたことなどなかったような顔で多様性を説いている尻の軽い最近のディズニー映画特有の胡散臭さをこの映画に感じることはなく、その点は結構好意的にみることができた。

キャスト・作品情報


監督:アダム・シャンクマン
出演:ガブリエラ・バルダッチノ、エイミー・アダムス、パトリック・デンプシー、ジェームズ・マースデン、イディナ・メンゼル、マーヤ・ルドルフ、イヴェット・ニコール・ブラウン
脚本:ジェシー・ネルソン、J・デヴィッド・ステム、デヴィッド・N・ワイス
製作:バリー・ジョセフソン、バリー・ソネンフェルド、エイミー・アダムス
製作総指揮:ジョー・バーン、サニル・パーカシュ、アダム・シャンクマン
音楽:アラン・メンケン
原題:Disenchanted
製作年:2022年
製作国:アメリカ
時間:121分


【hulu】 【unext】 【動画】 【動画】 【Abema】
【動画】 【クランクイン】 【ブログランキング】

アニメ(anime),ファンタジー

ジョーダンピール率いるモンキーパウ制作、ナイトメアビフォアクリスマスのヘンリーセリックが監督。
ダークでコミカルなファンタジーでストップモーションでしか表現できない描写満載。
まさにハロウィンにふさわしい作品!
生者の世界で暮らすことを夢見る悪魔の兄弟、ウェンデルとワイルド。パンクロック好きの少年カット・エリオットの助けを借りて地上に呼び出してもらうことに成功した二人だったが、カットが求めた見返りによって、生と死の法則を無視した事態が起きる。

キャスト・作品情報


監督:ヘンリー・セリック
出演:キーガン=マイケル・キー、ジョーダン・ピール、アンジェラ・バセット、リリック・ロス、ヴィング・レイムス、ガブリエル・デニス、ゲイリー・ゲイトウッド
脚本:ヘンリー・セリック
原題:Wendell and Wild
製作年:2022年
製作国:アメリカ
時間:106分


【hulu】 【unext】 【動画】 【動画】 【Abema】
【動画】 【クランクイン】 【ブログランキング】

洋画(外国),アクション,洋画や行,ファンタジー

現代のブダペスト。祖先を浪士の一人に殺された邪悪な魔女が出現し、その復讐を果たすべく侍たちの抹殺を企てる。魔女を倒せるのは、47人の浪士の子孫だけ。それぞれの使命を果たすため、生き残った戦士たちが立ち上がる。
メガホンを取ったのは、ディズニー実写版『ムーラン』にも出演していたロン・ユアン監督。Netflixドラマ「ジュピターズ・レガシー」のアナ・アカナや『ジョン・ウィック:パラベラム』のマーク・ダカスコスに加えて、テレサ・ティン、マイク・モー、ダスティン・ヌエン、クリス・パン、福山智可子、藤本ルナ、小家山晃、古畑新之らがキャストに名を連ねる。

キャスト・作品情報


監督:ロン・ユアン
出演:アンナ・アカナ、テレサ・ティング、マイク・モー、ダスティン・ヌエン、クリス・パン
原題:Blade of the 47 Ronin
製作年:2022年
製作国:アメリカ


【hulu】 【unext】 【動画】 【動画】 【Abema】
【動画】 【クランクイン】 【ブログランキング】

洋画(外国),洋画さ行,ファンタジー

女性が主役の娯楽映画を撮らせたら絶対に裏切らない紳士=ポール・フェイグ監督の最新作。
魔女いじめされてた主人公が善のクラスに、ヒロインになりたかった子が悪のクラスに振り分けられるとこから始まる。
おとぎ話のキャラの育成学校という設定がユニーク。アーサー王の息子やフック船長の子もいる。老婆魔女の娘もいるわのコスプレファンタジー。「善と悪」はっきり区別できるものではないという今風なメッセージ性を問うが『ハリーポッター』をキラキラさせた系の無難な子供向け作品に。ハロウィンを盛り上げるには持ってこい。

キャスト・作品情報


監督:ポール・フェイグ
出演:シャーリーズ・セロン、ケリー・ワシントン、ローレンス・フィッシュバーン、ミシェル・ヨー、ソフィア・ワイリー、ソフィア・カルーソ、ジェイミー・フラッターズ、キット・ヤング、ベン・キングズレー、パティ・ルポーン、レイチェル・ブルーム、ピーター・セラフィノウィッツ、ロブ・ディレイニー、マーク・ヒープ
脚本:デヴィッド・マギー、ポール・フェイグ、ソマン・シャイナニ、マライア・スコッチ・マルモ
原作:ソマン・シャイナニ
原題:The School for Good and Evil
製作年:2022年
製作国:アメリカ
時間:148分


【hulu】 【unext】 【動画】 【動画】 【Abema】
【動画】 【クランクイン】 【ブログランキング】