アニメ(anime),TVアニメは行,アドベンチャー,ファンタジー

ベイマックス/BIG HERO 6
Big Hero 6/架空の街サンフランソウキョウに暮らすヒロ。そして一流のサイエンススクールに通う兄のタダシとその同級生たち。ヒロは、兄が発明したケアロボット・ベイマックスを通じて様々な経験をする。私たち観客は、そんなヒロと一緒にたくさんの愛情や思いやりに触れていく。

幼い頃に親を亡くした14歳の天才少年ヒロは、唯一の理解者である優しい兄タダシを謎の事故で失う。ある日、タダシが人々の心と体を守るために開発したケア・ロボット<ベイマックス>が彼の前に現れ、心に深い傷を負ったヒロの声なきSOSをキャッチする。おせっかいなほど真剣にヒロをケアするベイマックスに、ヒロも次第に心を開いていく。
ヒロの発明品が盗まれたことがきっかけで、ふたりは兄タダシの死が事故でなかったことを突き止める。兄の仲間たちの協力を得て、彼らは危険をかえりみずに真相に近づいていく。人を傷つけることを禁じられたベイマックスは、ケア・ロボットとしての能力を駆使してヒロを守り抜こうとする。だが、ヒロはまだ知らなかった。兄タダシがベイマックスに託した本当の使命を・・・。
とにかくヒロインたちがかっこよくて可愛くて、見ててわくわくする映画!でも派手なアクションばかりではなくて、みんなの間の絆や思いやりが見えて、とても愛おしくて。
そして、主人公のヒロがとても真っ直ぐで必死で、でも優しくて。
笑ったり泣いたり、とても楽しい映画でした。
監督:ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ
出演:スコット・アツィット、ライアン・ポッター、T・J・ミラー、ジェイミー・チャン、デイモン・ウェイアンズ・Jr、ジェネシス・ロドリゲス、ダニエル・ヘニー、マーヤ・ルドルフ
脚本:ロバート・L. ベアード、ダニエル・ガーソン
制作:ジョン・ラセター、ロイ・コンリ
原作:スティーブン・T・シーグル、ダンカン・ルーロー
音楽:ヘンリー・ジャックマン
上映日:2014年12月20日
製作年:2014年
製作国:アメリカ
時間:102分


【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【dmm】
【Abema】 【WATCHA】 【動画】 【ブログランキング】

洋画(外国),洋画か行,ファンタジー

The Greatest Showman on Earth/「レ・ミゼラブル」でも華麗な歌声を披露したヒュー・ジャックマンの主演で、「地上でもっとも偉大なショーマン」と呼ばれた19世紀アメリカの実在の興行師P・T・バーナムの半生を描いたミュージカル。苦境の中で愛する人もかわいい子供も手に入れたのに、それでも夢を手放せなかった男の話。
WE WILL ROCK YOUを彷彿とさせるイントロのオープニングから最強華やかな絵&歌で畳みかけてくる、ミュージカル好きにはまちがいないやつ。ザック・エフロン&ゼンデイヤのディズニーチャンネル出身同士の見せ場もめちゃくちゃいい。ゼンデイヤの9頭身と、四六時中ミステリアスなあの表情は眺めてるだけで幸せになる。
貧しい家に生まれ育ち、幼なじみの名家の令嬢チャリティと結婚したフィニアス。妻子を幸せにするため努力と挑戦を重ねるフィニアスはやがて、さまざまな個性をもちながらも日陰に生きてきた人々を集めた誰も見たことがないショーを作り上げ、大きな成功をつかむ。しかし、そんな彼の進む先には大きな波乱が待ち受けていた。
監督:マイケル・グレイシー
出演:ヒュー・ジャックマン、ザック・エフロン、ミシェル・ウィリアムズ、レベッカ・ファーガソン、ゼンデイヤ、キアラ・セトル、ヤヒヤ・アブドゥル=マティーン2世
製作:ローレンス・マーク、ピーター・チャーニン、ジェンノ・トッピング
製作総指揮:ジェームズ・マンゴールド、ドナルド・J・リー・Jr.、トニア・デイビス
原案:ジェニー・ビックス
脚本:ジェニー・ビックス、ビル・コンドン
原題:THE GREATEST SHOWMAN
上映日:2018年02月16日
製作年:2017年
製作国:アメリカ
時間:105分


【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【dmm】
【Abema】 【WATCHA】 【動画】 【ブログランキング】

アニメ(anime),アドベンチャー,ファンタジー

2分の1の魔法
Onward/ディズニー&「リメンバー・ミー」「トイ・ストーリー4」のピクサー・アニメーションによる長編作品『2分の1の魔法』。舞台は、かつて魔法があふれていた世界!を描いたファンタジー・アドベンチャー映画。
どの登場人物もしっかりキャラが立っていて、誰かしらに感情移入しやすい作りのため、家族で楽しめそうな構造。
適度なハラハラ要素があり、キャラの成長、兄弟愛がとてもわかりやすいため、時間の経過を感じさせずに見ることが出来る。
音楽、世界観、ともにピクサーキャラと合っていて、ファンタジー要素も妙な不自然さはないのが良い。

ストーリー


かつては魔法に満ちていたが、科学技術の進歩にともない魔法が忘れ去られてしまった世界。家族思いで優しいが、なにをやってもうまくいかない少年イアンには、隠れた魔法の才能があった。
そんなイアンの願いは、自分が生まれる前に亡くなってしまった父親に一目会うこと。
16歳の誕生日に、亡き父が母に託した魔法の杖とともに、「父を24時間だけよみがえらせる魔法」を書かれた手紙を手にしたイアンは、早速その魔法を試すが失敗。
父を半分だけの姿で復活させてしまう。イアンは好奇心旺盛な兄バーリーとともに、父を完全によみがえらせる魔法を探す旅に出るが。

キャスト・作品情報


監督:ダン・スキャンロン
出演:トム・ホランド、クリス・プラット、ジュリア・ルイス=ドレイファス、オクタヴィア・スペンサー
脚本:C・S・アンダーソン、ダン・スキャンロン
製作総指揮:ピート・ドクター
製作:コーリー・レイ
音楽:マイケル・ダナ,ジェフ・ダナ
原題:Onward
製作年:2020年
製作国:アメリカ
時間:103分


【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【dmm】
【Abema】 【WATCHA】 【動画】 【ブログランキング】

洋画(外国),洋画さ行,コメディ,ファンタジー

MIRROR MIRROR/リリー・コリンズ、ジュリア・ロバーツ共演によるファンタジー。
ある王国に後妻に入った魔女が、鏡の力を借りて魔力を使い、王国を自分の物にしようとするのだが、せっかく亡き者にした国王の忘れ形見である白雪姫にはなかなか手が出せずにいた。 そこへたまたま冒険の旅にやってきたアルコット国の王子様が、森で小人の盗賊団に襲われ、身包み剥がされた状態で白雪姫の国にやってくる。
女王は、裕福なアクコット国の王子と結婚する事で、国と富を同時に手に入れようと画策するのだが、殺されかけた白雪姫が小人たちと一緒に国民のために立ち上がる。
ストーリーとしては、登場人物をそのままに、流れを変えて、より娯楽性と活劇性を際立たせたという感じだ。もちろん、昨今の映画なのでCGも使われているのであるが、ストーリー上邪魔になることもなく、映画の物語りそのものを楽しめる程度に仕上がっていた。しかも、全編を通してのほんわかな雰囲気を、最後の最後でブラックに締めくくるとこなんか、「さすが、ホントは怖いグリム童話だな。」と思わせてくれる。
監督:ターセム・シン
出演:ジュリア・ロバーツ、リリー・コリンズ、アーミー・ハマー、ネイサン・レイン、メア・ウィニンガム、マイケル・ラーナー、ロバート・エムズ、ショーン・ビーン、ジョーダン・プレンティス、マーク・ポヴィネッリ
音楽:アラン・メンケン
原題:MIRROR MIRROR
制作年:2012年
制作国:アメリカ
時間:106分
白雪姫は国王が亡くなって以来、継母の女王に城に閉じ込められていた。ワガママな女王のせいで、王国は破産寸前。女王は隣国のリッチな王子と結婚し、富と愛を手に入れようと企むが…。


【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【dmm】
【Abema】 【WATCHA】 【動画】 【ブログランキング】