邦画,邦画ら行,エロティック

六月の蛇
六月の蛇 (A Snake of June)「こころの健康センター」電話相談室でカウンセラーを務める辰巳りん子(黒沢あすか)は、夫の重彦(神足裕司)と暮らしている。りん子と重彦はセックスレスの状態が続いている。ある日、りん子のもとへ写真の束が送られてくる。そこには、部屋で自慰行為をする彼女の姿が収められていた。写真の送り主は、かつて彼女が自殺を思いとどまらせた相談者の飴口道郎(塚本晋也)である。
りん子は飴口からの電話を受けて、指定された駅のトイレに向かう。彼女は写真のフィルムを受け取る代わりに、屋外で自慰行為をするよう命令される。次第に、りん子の心に眠っていた性的な欲望が目覚めていく。後日、りん子は医師の診断を受けた結果、乳癌を患っていると知らされる。
1枚の写真を拾った重彦は、りん子の行動に疑念を抱き、彼女を尾行する。りん子は、雨が降りしきる路地裏の空き地に到着すると、衣服を脱ぎ捨てて自慰行為をする。自動車に乗った飴口は、彼女の姿を写真に収める。りん子は無数のフラッシュを浴びながら絶頂を迎える。重彦は、驚きと興奮の入り交じった表情で、その様子を物陰から見つめる。
重彦は飴口に呼び出されて、暴行を受ける。末期癌を患っている飴口は、その後、命を落とす。りん子は、傷だらけの重彦と再会を果たす。2人は裸になり、激しく愛し合うのであった。
最初は弱味を握られた人妻が変態ストーカー男に掴まり、色々と酷い目に遭うという話で、官能サスペンス?なのかなと思ったけど、変態男の思惑が明らかになるにつれて段々と物語が変容し目が離せなくなった。 さらには、人妻の視点が夫の視点へと移る事でより3者の立場が明確になり面白くなっていった。
監督:塚本晋也
出演:塚本晋也 黒沢あすか、神足裕司、寺島進、田口トモロヲ、鈴木卓爾
制作:塚本晋也
脚本:塚本晋也
音楽:石川忠
上映日:2003年05月24日
制作年:2003年
制作国:日本
時間:77分
『鉄男』『バレット・バレエ』の塚本晋也が、ベネチア国際映画祭で審査員特別大賞を受賞した官能エロス作品。セックスレス夫婦の妻・りん子の下に、彼女の自慰行為を盗撮した写真と携帯電話が届く。その日から、何者かによる脅迫が始まる。


【hulu】 【unext】 【動画】 【tutaya】
【dTV】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】

邦画,邦画は行,エロティック,コメディ

パンツの穴 THE MOVIE~童貞喪失ラプソディ~
人気グラビアアイドル・篠崎愛主演、謎の美少女とモテない男子3人組が織り成すちょっとエッチな青春ストーリー。
とある地方の海辺にある高校に通う1年生、博志たち冴えない3人組。高校最初の夏休みを前に、彼らはこの夏こそ童貞を捨てるという大それた目標を立てる。怪しげな都市伝説を信じて大失敗したりと前途多難な彼らだったが、ある日、偶然からとびきりの美少女・なるみと知り合う。複雑な家庭の事情から心の傷を抱え、この町にやってきたというなるみと親しくなるにつれ、博志は童貞喪失の目標そっちのけで彼女に惹かれていく。
監督:森岡利行
出演:篠崎愛、田之上賢志、岸田蓮矢、小川啓太
脚本:赤間つよし
音楽:野島健太郎
制作年:2011年
制作国:日本
時間:83分


【hulu】 【unext】 【動画】 【tutaya】
【dTV】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】

邦画,邦画は行,エロティック,ラブストーリー/ロマンス

花宵道中
第5回「女による女のためのR-18文学賞」を受賞した宮木あや子の小説を、女優の安達祐実が20年ぶりに映画主演を果たし、初の花魁役に挑んだ作品。
吉原の女郎として生まれた生粋の女郎として、花魁道中を夢見つつ、女郎でない一人の女としての花を咲かせるその生涯は儚く散るが、そこには純粋な男と女の情愛があり、それが後世に受け継がれていき、その精神が現代の今なお息づいていると感じる。
監督:豊島圭介
出演:安達祐実、淵上泰史、小篠恵奈、、三津谷葉子、多岐川華子、立花彩野、松田賢二、中村映里子、不破万作、友近、高岡早紀、津田寛治
脚本:鴨義信
原作:宮木あや子
音楽:かみむら周平
花宵道中 (A Courtesan with Flowered Skin)
上映日:2014年11月08日
制作年:2014年
制作国:日本
時間:102分


【hulu】 【unext】 【動画】 【tutaya】
【dTV】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】

邦画,邦画ま行,エロティック

無伴奏
学生運動の嵐が日本中を席巻していた1969年、仙台に暮らす女子高生の響子(成海璃子)は時代に流されるように学園紛争にのめり込んでいた。ある日、友人に連れられクラシック音楽が店内に響く喫茶店「無伴奏」を訪れた彼女は、そこで出会った大学生の渉(池松壮亮)に興味を持つ。その後、学生運動から離れた響子は偶然入った無伴奏で渉と再会し、次第に彼のことを好きになっていき。
直木賞受賞作家・小池真理子の半自伝的小説を、『太陽の坐る場所』などの矢崎仁司監督が映画化。日本中に学生運動の嵐が吹き荒れた1969年の仙台を舞台に、時代の影響により学園紛争に関わっていた女子高生と、バロック音楽喫茶「無伴奏」で出会った男女の恋模様を描く。成海璃子が、ヒロインの女の性を渾身(こんしん)の演技で見せる。その相手役に『紙の月』などの池松壮亮がふんするほか、『虎影』などの斎藤工、ベテランの光石研ら多彩な顔ぶれが共演。

キャスト・作品情報


監督:矢崎仁司
出演:成海璃子、池松壮亮、斎藤工、遠藤新菜
脚本:武田知愛
原作:小池真理子
制作年:2015年
制作国:日本
時間:132分


【hulu】 【unext】 【動画】 【tutaya】
【dTV】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】