ドラマ,ドラマわ行

わげもん〜長崎通訳異聞〜
第1話「父を探して」嘉永2年(1849)。黒船来航まで残すところ4年。伊嶋壮多(永瀬廉)は、オランダ語の通詞(通訳)だった父を探し求め、江戸から長崎にやってきた。独学のオランダ語を話し、たぐいまれな語学センスを持つ壮多。唐人の父を持つ少女・トリ(久保田紗友)ら若者たち、怪しい魅力のある謎の男・神頭有右生(髙嶋政宏)らと出会い、長崎での冒険が始まる。若きオランダ通詞・森山栄之助(小池徹平)に父について尋ねた壮多だが…

第2話「消えた漂流民」オランダ語通訳だった父を探して長崎にやってきた伊嶋壮多(永瀬廉)。心を通わせたハワイ人漂流民のカイを神頭(髙嶋政宏)のつてで逃がす。しかしカイの帽子をかぶった別人を目撃し驚がくすることに。一方アメリカ軍艦で英語の通訳をする森山栄之助(小池徹平)も漂流民たちの中に見知らぬ男がいると気づく。真意を知ろうと追いすがる壮多に神頭は謎の言葉をかける。オランダ船が入港し壮多は荷役として出島に足を踏み入れる。

キャスト・作品情報


脚本:宮村優子
出演:永瀬廉、小池徹平、久保田紗友、浅香航大、トラウデン都仁、平山祐介、宮川一朗太、浦浜アリサ、村雨辰剛、高嶋政宏
ナレーション:クリス・ペプラー
公開日:2022年01月08日
製作年:2022年
製作国:日本
【わげもん~長崎通訳異聞~】


【hulu】 【unext】 【動画】 【動画】 【Abema】
【WATCHA】 【動画】 【ブログランキング】

ドラマ,ドラマわ行

私が獣になった夜〜名前のない関係〜
私が獣になった夜シーズン2 女性はなぜその夜、獣のように男性を求めたのか?そこにはリビドー(性的欲求)を刺激された瞬間があった。表立っては決して言えない、でもどこか共感してしまう大人なエモーショナルラブストーリー。
川上詩織(能條愛未)は同僚の斉藤洋平(野村祐希)と不定期に身体を求め合う関係。密かに彼に想いを寄せているが、洋平が求めているのは『身体だけ』。彼女になれない現状を変えられずにいた。
そんなある日、洋平の部屋で別の女性(久保乃々花)のピアスを発見する。その女性が詩織の部屋を訪ねてきて・・・

キャスト・作品情報


監督:原桂之介
出演:能條愛未、野村祐希、久保乃々花、川合諒、岡部たかし
脚本:関久代
公開日:2021年11月19日
製作年:2021年
製作国:日本
【私が獣になった夜〜名前のない関係〜abema】


【hulu】 【unext】 【動画】 【動画】 【Abema】
【WATCHA】 【動画】 【ブログランキング】

ドラマ,ドラマわ行

私が獣になった夜
「女だって、本能のまま求めたい夜がある。」女性はなぜその夜、獣のように男性を求めたのか?そこには自分では制御できない、リビドー(性的欲求)を刺激された瞬間があった。表立っては決して言えない、でも共感してしまう大人なエモーショナルラブストーリー。
一条つむぎ(大島涼花)は彼氏と同棲して3年。彼氏に求められる回数が減ってきており、今夜も誘ったが断られてしまう。そこに大学時代の友人から一通のショートメールが届く。直生(柾木玲弥)、蒼汰(森山弘康)と再会したつむぎは、蒼汰から結婚の報告を聞くことに。その帰り道、直生が自分を意識していることに気付く。

キャスト・作品情報


監督:原桂之介
出演:大島涼花、柾木玲弥、手塚真生、井上想良、小島梨里杏、渋谷謙人、坂ノ上茜、綱啓永
脚本:関久代、石上加奈子
公開日:2021年06月25日
製作年:2021年
製作国:日本
【私が獣になった夜abema】


【hulu】 【unext】 【動画】 【動画】 【Abema】
【WATCHA】 【動画】 【ブログランキング】

ドラマ,ドラマわ行

私の夫は冷凍庫に眠っている
「エブリスタ」に掲載された八月美咲による日本の小説をドラマ化。オリジナルストーリーが作成され、ドラマオリジナルの展開が追加される予定。
郊外の古い洋風の一軒家で輸入家具や雑貨を取り扱ってひっそりと暮らしていた夏奈(本仮屋ユイカ)は、数か月前に偶然知り合った婚約者・亮(白洲迅)と一緒に暮らし始め、穏やかで幸せな時間を送っている…はずだった。
しかし亮がある日豹変。夏奈に暴力を振るうように。そして、夏奈は耐え切れず衝動的に亮を殺してしまう。その死体を物置の古い冷凍庫に隠した。すると翌朝、「おはよう」と死んだはずの亮が現れた。
昨夜殺したはずなのに…冷凍庫に眠っているはずなのに!そこから物語が始まる。
出演:仮屋ユイカ、白洲迅、青柳翔、浅田美代子、おかやまはじめ、斉藤由貴
脚本:大谷洋介、本山久美子、御法川修
公開日:2021年04月10日
製作年:2021年
製作国:日本
如月夏奈(本仮屋ユイカ)が殺したはずの婚約者・佐藤亮(白洲迅)が、なぜか生きている。だが死体は冷凍庫で凍ったままだ。「殺すだけじゃ足りない」――そう考えた夏奈は、死体の一部を切り刻みミンチ状に。それを生き返った亮に食べさせるという、恐ろしい企てを思いつく。ところが翌日、亮は人が変わったかのように、職に就くと言い出す。「いい夫になる」という亮の言葉に騙されまいと、夜中に仕込んだあの肉のハンバーグを弁当に詰め、面接に向かおうとする亮に手渡すが。
亮が出かけた直後、向かいに住む孔雀(斉藤由貴)が「息抜きがしたい」と訪ねてくる。それどころではない夏奈は、家にあげたものの、嫌悪感を露わに。しかも孔雀の手土産は、半年前、亮と出会った洋菓子店のケーキだった。偶然にもお互い誕生日だったことで急接近したあの日の記憶が、夏奈の脳裏によみがえってきて。


【hulu】 【unext】 【動画】 【動画】 【Abema】
【WATCHA】 【動画】 【ブログランキング】