ドラマさ行,ドラマ

ザ・ハイスクール ヒーローズ
ジャニーズのグループ美少年主演の学園者特撮ヒーロードラマ。

キャスト・作品情報



監督:及川拓郎、竹園元、筧昌也
出演:岩﨑大昇、佐藤龍我、那須雄登、浮所飛貴、藤井直樹、金指一世、箭内夢菜、長田成哉、関智一、和田優希
脚本:高橋悠也、吉高寿男、筧昌也
主題歌/挿入歌:KAT-TUN、美 少年
公開日:2021年07月31日
製作年:2021年
製作国:日本
アカレンジャーの制止の声も聞かず、黒十字魔人との戦いに向かったアカヒーロー(真中大成/岩﨑大昇)だったが、黒十字魔人の圧倒的な力の前に惨敗。父・大志(関智一)の形見であるスマホも壊され、すべての記憶を消されてしまう!

大成のもとへ駆けつけた滝川雄亮(那須雄登)、土門龍平(佐藤龍我)らは、瑠璃子(中山美穂)から、「大成は『学園防衛部』のことも、ヒーローのことも、幼い頃に魔人に襲われたことも覚えていないの」と聞かされ、がく然。懸命にヒーローだったことを思い出させようとするが、「ヒーローなんて実在するわけねえし。高校生にもなって信じるとか痛いだろ」と鼻で笑われてしまう。

“黄金魔人”=豪田景樹(佐藤新)を倒し、学園長・墨友団十郎(柳葉敏郎)が政治を支配してこの国の征服しようとしていることを知ったギンヒーロー(大浦飛馬/浮所飛貴)たちは、アカヒーローを欠いたまま、その計画を止めるべく動き始めなくてはならず…?

大成の記憶が戻る方法を模索していた雄亮は、大成が黒十字魔人との対決に向かう直前に、図書室で昭和50年の生徒名簿を調べていたことを知る。大成が見ていた名簿を確認した雄亮は、そこに「真中大志」の名とともに「天利清春(戸次重幸)」の名前を発見。大志と天利が同級生だったと分かり、ついに黒十字魔人の正体を知ることとなる!

黒十字魔人と対峙した「ハイスクールヒーローズ」だったが、黒十字魔人の猛攻に耐えきれず、全員が重傷を負ってしまう…。絶体絶命かと思ったその時、「ハイスクールヒーローズ」の前に大成が現れる!

果たして大成はすべての記憶を取り戻すことができるのか?

そして全ての陰謀を知った「ハイスクールヒーローズ」は真の黒幕にたどり着くが、五星学園に平和を取り戻すことはできるのか?


【hulu】 【unext】 【動画】 【動画】 【dmm】
【WATCHA】 【Abema】 【動画】 【ブログランキング】

ドラマさ行,ドラマ

サレタガワのブルー
マンガアプリ「マンガMee」での連載開始以降、同アプリの総合ランキングで常に上位にランクインし続けているセモトちかの同名漫画を犬飼貴丈、堀未央奈のW主演で実写化。

ストーリー



第1話:マンガアプリ「マンガMee」での連載開始以降、同アプリの総合ランキングで上位にランクインし続けるセモトちかの同名漫画を実写化。在宅で働く暢(犬飼貴丈)は、外に働きに出る妻・藍子(堀未央奈)のために家事をこなし、藍子に尽くす結婚生活に幸せを感じていた。だが、暢は藍子の秘密を知りぼうぜんとする。

第2話:暢(犬飼貴丈)はたみくん(中田圭祐)から、藍子(堀未央奈)がスーツ姿の男性と親密にしている現場を見たと聞かされ驚く。藍子の誕生日当日、藍子と不倫相手の和正(岩岡徹)はそれぞれ家族に仕事だとうそをつき、二人きりで熱い時間を過ごす。さらに、帰宅後もメッセージをやりとりし、情事の余韻に浸っていた。

主⼈公・⽥川暢(たがわのぶる)はイケメン、デザイナーで⾼収⼊、愛妻家の誰もが羨むイイ夫。⼤好きな妻・藍⼦(あいこ)に尽くし、家事に仕事に努⼒を惜しまない。藍⼦も家事⼀切を仕切ってくれる暢に優しく、ラブラブな2⼈。
⼀⾒幸せそうな夫婦⽣活を送っていた暢だが、ある事実を⽬の当たりにする。
彼が⾒たのは職場の上司との不倫を全⼒で楽しんでいる藍⼦の姿だった…。
「まさか藍⼦さんが…そんなはずはない…」
優しく可愛らしい藍⼦が⾃分を裏切るはずがない。だがそんな願いは届かなかった…修羅場を迎え、⾃分の欲望に忠実に⽣きる藍⼦に、復讐を決意する暢。
「いい⼥はね、⾃分の望みは確実に全部叶えるの」
暢に、史上最凶の不倫妻を裁くことはできるのか!?

キャスト・作品情報



原作:セモトちか
監督:スミス
出演:犬飼貴丈、堀未央奈、岩岡徹、高梨臨
脚本:舘そらみ
主題歌/挿入歌:UPSTARTHilcrhyme
公開日:2021年07月13日
製作年:2021年
製作国:日本


【hulu】 【unext】 【動画】 【動画】 【dmm】
【WATCHA】 【Abema】 【動画】 【ブログランキング】

ドラマさ行,ドラマ

シェフは名探偵
変わった名シェフ三舟のもとに会社をクビになり会社の人がかつてお祝いしてくれた思い出のお店へ最後の晩餐として訪れた高築。
ひょんなことから、ギャルソンとしてそこで働くことに。
記憶力と洞察力に優れたシェフが、訳ありのお客様に声をかける。それは優しさなのか、おせっかいなのか、でも何となくうまくいく。
レストランのスーシェフ、ギャルソン、ソムリエも地味でもないが派手でもない心地の良いメンバーなのが良い。
そして、出てくる料理がとても美味しそう。

キャスト・作品情報


監督:木村ひさし、瀧悠輔、向井澄
出演:西島秀俊、濱田岳、神尾佑、石井杏奈、佐藤寛太、橋本マナミ
原作:近藤史恵
脚本:西条みつとし、田中眞一
主題歌/挿入歌:all at oncemihoro*
公開日:2021年05月31日
製作年:2021年
製作国:日本

【シェフは名探偵】


【hulu】 【unext】 【動画】 【動画】 【dmm】
【WATCHA】 【Abema】 【動画】 【ブログランキング】

ドラマさ行,ドラマ

THE LIMIT
THE LIMITはHuluオリジナル作品。
THE LIMITはこちら
オムニバス形式で、半径3メートル以内?で行われる会話劇。
監督:賀内健太郎、吉田真也、中嶋駿介
脚本:玉田真也、岩崎う大、荻上直子
出演:伊藤沙莉、堺小春、坂東龍汰、門脇麦、古川琴音、細田善彦、岩崎う大、岡山天音、泉澤祐希、岩松了
公開日:2021年03月05日
製作年:2021年
製作国:日本
第1話『ネコと井戸』カフェでのアルバイトを終えて、葵(伊藤沙莉)と沙耶(堺小春)が道を歩いていると、どこからともなく携帯電話の着信音が聞こえてくる。音がする方をたどると、井戸の縁に携帯が置かれていた。音が途切れると、背後から声をかけられる。そこには、カフェの常連客の、悠馬(坂東龍汰)が立っていた。携帯は悠馬のもので、井戸の中に落ちた猫を、助け出したいのだと言う。猫は井戸の内側の側面で、身動きが取れなくなっているらしい。葵と沙耶は、悠馬に協力して猫を助けようとする。なぜなら、葵が悠馬に好意を寄せていることを沙耶は知っていたからだ。沙耶はどうにかして二人の距離を縮めようと画策するが、残念ながらスムーズには進まない。猫の救出作戦を繰り広げながら、井戸の側から離れられない状況で、三人の思いが交錯し、誤解が誤解を呼んでいく。

第2話『タクシーの女』弁護士の宮田咲希(門脇麦)は、会社の前に待機しているタクシーに乗り込んで、運転手に「羽田空港へ」と告げる。クライアントの玩具メーカーの商品で、怪我をしてしまった消費者と、示談の話し合いをするために、福岡へ飛ばなくてはならないのだ。うたた寝から目を覚ますと、あろうことか車は高速道路を羽田空港とは逆方向へ走っていた。慌てて運転手を問いただすと、その人物は、なんと咲希の妹の里美(古川琴音)だった。里美と咲希は母親との確執を引きずっており、10年近く甲府の実家に帰っていない。しかし、母親が危篤状態にあるため、里美は強硬手段に打って出たのだ。咲希は会社に連絡を入れながらどうにかして空港へ向かおうとし、里美はそれを制しながら車を走らせる。仕事や家族に対する言い争いが、降りられない高速道路のタクシーの中でヒートアップしていく。

第3話『ユニットバスの2人』テレビで人気の芸人・マジカル島田(細田善彦)は、女優の妻がいるにも関わらず、若い女性のアパートにいた。事を終えた島田は、ユニットバスで、バスタブに身を潜めている泥棒の桑元(岩崎う大)を発見する。マスコミに嗅ぎつけられてはまずいため、顔を隠しながら桑元を追い払おうとしたが、運悪く人気芸人であることがバレてしまう。桑元は、警察に通報できない島田の弱みに付け込み、「のどが渇いた」「お笑い芸人好きの娘のためにサインが欲しい」「ネタを見せろ」「カネをよこせ」など、おねだりをエスカレートさせていき、しまいには、自身の不遇な人生を嘆き、島田に妬み混じりの説教をし始める。
“ユニットバス”という密室で繰り広げられる2人の男の攻防戦。

第4話『ベランダ男』上原杏奈(穂志もえか)が一人で暮らすマンションに、男が帰ってくる。その人物は、杏奈に思いを寄せる先輩社員の入江(岡山天音)。会社で同じ企画に携わるメンバーのグループLINEで、杏奈の残業を確認した上で、彼女の留守中になぜか鍵を使って部屋に忍び込んだのだ。ところが、不測の事態が発生する。発注ミスを上司に厳しく叱責された杏奈は、上司の「帰れ」という言葉を真に受けて、本当に帰ってきてしまったのだ。入江は慌ててベランダに避難し、そこから飛び降りようとするが、5階なので諦める。なんとか脱出する方法を考えながら、仕事で叱られた杏奈には直接優しいメッセージを送る。ガラの悪そうな2人の訪問者や、杏奈に苛立ちを募らせている隣人を巻き込んで、抜け出せないベランダと室内という目と鼻の先で交わされる入江と杏奈のやりとりは、とんでもない方向へ進んでいく。

第5話『切れない電話』大橋洋介(泉澤祐希)は、4つ年下の綾子(夏子)と2週間前に付き合い始めたばかり。喫茶店で楽しくデートをしていると、携帯電話に非通知の着信が入る。洋介が着信を無視しようとしたことで、不穏な空気が流れ出す。不信に思った綾子に促され、洋介が電話に応対すると、発信者は見知らぬ女性だった。狼狽する洋介は、綾子に浮気を疑われ、振られてしまう。自殺志願者のその女性は、適当な番号に電話をかけていた。相手が出てくれたら、死ぬのを思いとどまっているのだという。困惑する洋介に、その女はゲームを持ちかける。喫茶店のマスター(岩松了)に「警察呼びますよ」と言わせたら洋介の勝ちで、洋介が負けたら女は手首を切って死ぬという。自身の命を人質にとった女の指令は、どんどんエスカレートし、切りたいのに“切れない電話”は洋介を追い込んでいく。

第6話『高速夜行バス』健吾(浅香航大)は、発車寸前の長距離夜行バスに手ぶらで駆け込んだ。車内の乗客は、老婆の園田苑子(木野花)ただ一人。東京の夜景を眺めているうちに眠りに落ちてしまった健吾は、猛烈な喉の乾きに襲われて目を覚ます。飲み物を持って来なかった同乗者に気づいた老婆は、健吾にお茶をおすそ分けしてくれた。そして、まじまじと健吾の顔を見て、健吾が幸せになれないのは先祖の因縁のせいだと言い出す。除霊を申し出た老婆は、三体の霊が健吾を狙っていると畳み掛ける。定期的な除霊を勧めつつ、高額な釈迦如来像を売りつけようとするが、健吾は派遣の仕事を首になったためお金がないと打ち明ける。老婆に目的地を質問された健吾は、終点までまだまだ時間がある夜行バスの車内で、自身の幼少期の「心残り」について語り出す。
【THE LIMITはを見る】


【hulu】 【unext】 【動画】 【動画】 【dmm】
【WATCHA】 【Abema】 【動画】 【ブログランキング】