ドラマさ行,ドラマ

シェフは名探偵
変わった名シェフ三舟のもとに会社をクビになり会社の人がかつてお祝いしてくれた思い出のお店へ最後の晩餐として訪れた高築。
ひょんなことから、ギャルソンとしてそこで働くことに。
記憶力と洞察力に優れたシェフが、訳ありのお客様に声をかける。それは優しさなのか、おせっかいなのか、でも何となくうまくいく。
レストランのスーシェフ、ギャルソン、ソムリエも地味でもないが派手でもない心地の良いメンバーなのが良い。
そして、出てくる料理がとても美味しそう。

キャスト・作品情報


監督:木村ひさし、瀧悠輔、向井澄
出演:西島秀俊、濱田岳、神尾佑、石井杏奈、佐藤寛太、橋本マナミ
原作:近藤史恵
脚本:西条みつとし、田中眞一
主題歌/挿入歌:all at oncemihoro*
公開日:2021年05月31日
製作年:2021年
製作国:日本
【シェフは名探偵】


【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【dmm】
【Abema】 【WATCHA】 【動画】 【ブログランキング】

ドラマさ行,ドラマ

THE LIMIT
THE LIMITはHuluオリジナル作品。
THE LIMITはこちら
オムニバス形式で、半径3メートル以内?で行われる会話劇。
監督:賀内健太郎、吉田真也、中嶋駿介
脚本:玉田真也、岩崎う大、荻上直子
出演:伊藤沙莉、堺小春、坂東龍汰、門脇麦、古川琴音、細田善彦、岩崎う大、岡山天音、泉澤祐希、岩松了
公開日:2021年03月05日
製作年:2021年
製作国:日本
第1話『ネコと井戸』カフェでのアルバイトを終えて、葵(伊藤沙莉)と沙耶(堺小春)が道を歩いていると、どこからともなく携帯電話の着信音が聞こえてくる。音がする方をたどると、井戸の縁に携帯が置かれていた。音が途切れると、背後から声をかけられる。そこには、カフェの常連客の、悠馬(坂東龍汰)が立っていた。携帯は悠馬のもので、井戸の中に落ちた猫を、助け出したいのだと言う。猫は井戸の内側の側面で、身動きが取れなくなっているらしい。葵と沙耶は、悠馬に協力して猫を助けようとする。なぜなら、葵が悠馬に好意を寄せていることを沙耶は知っていたからだ。沙耶はどうにかして二人の距離を縮めようと画策するが、残念ながらスムーズには進まない。猫の救出作戦を繰り広げながら、井戸の側から離れられない状況で、三人の思いが交錯し、誤解が誤解を呼んでいく。

第2話『タクシーの女』弁護士の宮田咲希(門脇麦)は、会社の前に待機しているタクシーに乗り込んで、運転手に「羽田空港へ」と告げる。クライアントの玩具メーカーの商品で、怪我をしてしまった消費者と、示談の話し合いをするために、福岡へ飛ばなくてはならないのだ。うたた寝から目を覚ますと、あろうことか車は高速道路を羽田空港とは逆方向へ走っていた。慌てて運転手を問いただすと、その人物は、なんと咲希の妹の里美(古川琴音)だった。里美と咲希は母親との確執を引きずっており、10年近く甲府の実家に帰っていない。しかし、母親が危篤状態にあるため、里美は強硬手段に打って出たのだ。咲希は会社に連絡を入れながらどうにかして空港へ向かおうとし、里美はそれを制しながら車を走らせる。仕事や家族に対する言い争いが、降りられない高速道路のタクシーの中でヒートアップしていく。

第3話『ユニットバスの2人』テレビで人気の芸人・マジカル島田(細田善彦)は、女優の妻がいるにも関わらず、若い女性のアパートにいた。事を終えた島田は、ユニットバスで、バスタブに身を潜めている泥棒の桑元(岩崎う大)を発見する。マスコミに嗅ぎつけられてはまずいため、顔を隠しながら桑元を追い払おうとしたが、運悪く人気芸人であることがバレてしまう。桑元は、警察に通報できない島田の弱みに付け込み、「のどが渇いた」「お笑い芸人好きの娘のためにサインが欲しい」「ネタを見せろ」「カネをよこせ」など、おねだりをエスカレートさせていき、しまいには、自身の不遇な人生を嘆き、島田に妬み混じりの説教をし始める。
“ユニットバス”という密室で繰り広げられる2人の男の攻防戦。

第4話『ベランダ男』上原杏奈(穂志もえか)が一人で暮らすマンションに、男が帰ってくる。その人物は、杏奈に思いを寄せる先輩社員の入江(岡山天音)。会社で同じ企画に携わるメンバーのグループLINEで、杏奈の残業を確認した上で、彼女の留守中になぜか鍵を使って部屋に忍び込んだのだ。ところが、不測の事態が発生する。発注ミスを上司に厳しく叱責された杏奈は、上司の「帰れ」という言葉を真に受けて、本当に帰ってきてしまったのだ。入江は慌ててベランダに避難し、そこから飛び降りようとするが、5階なので諦める。なんとか脱出する方法を考えながら、仕事で叱られた杏奈には直接優しいメッセージを送る。ガラの悪そうな2人の訪問者や、杏奈に苛立ちを募らせている隣人を巻き込んで、抜け出せないベランダと室内という目と鼻の先で交わされる入江と杏奈のやりとりは、とんでもない方向へ進んでいく。

第5話『切れない電話』大橋洋介(泉澤祐希)は、4つ年下の綾子(夏子)と2週間前に付き合い始めたばかり。喫茶店で楽しくデートをしていると、携帯電話に非通知の着信が入る。洋介が着信を無視しようとしたことで、不穏な空気が流れ出す。不信に思った綾子に促され、洋介が電話に応対すると、発信者は見知らぬ女性だった。狼狽する洋介は、綾子に浮気を疑われ、振られてしまう。自殺志願者のその女性は、適当な番号に電話をかけていた。相手が出てくれたら、死ぬのを思いとどまっているのだという。困惑する洋介に、その女はゲームを持ちかける。喫茶店のマスター(岩松了)に「警察呼びますよ」と言わせたら洋介の勝ちで、洋介が負けたら女は手首を切って死ぬという。自身の命を人質にとった女の指令は、どんどんエスカレートし、切りたいのに“切れない電話”は洋介を追い込んでいく。

第6話『高速夜行バス』健吾(浅香航大)は、発車寸前の長距離夜行バスに手ぶらで駆け込んだ。車内の乗客は、老婆の園田苑子(木野花)ただ一人。東京の夜景を眺めているうちに眠りに落ちてしまった健吾は、猛烈な喉の乾きに襲われて目を覚ます。飲み物を持って来なかった同乗者に気づいた老婆は、健吾にお茶をおすそ分けしてくれた。そして、まじまじと健吾の顔を見て、健吾が幸せになれないのは先祖の因縁のせいだと言い出す。除霊を申し出た老婆は、三体の霊が健吾を狙っていると畳み掛ける。定期的な除霊を勧めつつ、高額な釈迦如来像を売りつけようとするが、健吾は派遣の仕事を首になったためお金がないと打ち明ける。老婆に目的地を質問された健吾は、終点までまだまだ時間がある夜行バスの車内で、自身の幼少期の「心残り」について語り出す。
【THE LIMITはを見る】


【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【dmm】
【Abema】 【WATCHA】 【動画】 【ブログランキング】

ドラマさ行,ドラマ

最高のオバハン 中島ハルコ
「ハルコ、不倫を斬る!」
38歳独身、弱小出版社の編集兼フードライターの菊池いづみ(松本まりか)は、ひとり
名古屋の東山動植物園にいた。10年物の不倫相手に200万円を貸した後、5か月も連絡ナシ…。ため息交じりにイケメンゴリラを眺めていると、突然、携帯電話に着信が。
「ちょっとあんた!シャバーニに会うときぐらい携帯切っときゃーよ!」といきなり一喝してくる隣のオバサン。その後、タクシーに乗ろうとすると、先ほどのオバサンがいきなり同乗、行き先が一緒と知るや勝手に運転手に指示を出しこう言い放つ! 「あなたラッキーね、私と話せるなんて」。
着いたのは老舗ホテル。そこでパーティの取材を終えたいづみは、会場内で「ハルコ先生」と呼ばれ、ドレス姿で優雅に微笑む、あのオバサンを発見! その正体は自らを「美のスーパードクター」と名乗る中島ハルコ(大地真央)。東京・恵比寿の超人気美容クリニックを経営。名古屋では超有名セレブ、政財界からも一目置かれる人物だという。
いづみはひょんなことからハルコとお近づきになり、計らいでホテルのスイートルームに宿泊させてもらうなど、別世界を味わうことに。
「私の事、もしかして、貴方の人生を変える女神って思うわよねえ」ハルコの口ぶりはかなり怪しいが、後日、いづみは豪華なセレブパーティーにお供するのだった。
そこで遭遇したのはイケメン実業家・大貫研一(袴田吉彦)と、その愛人・吉岡久美(大西礼芳)。くしくも10年物の不倫女を前に、自身の境遇を重ねて心苦しくなるいづみ。久美はハルコに「彼が籍を抜いてくれないと再婚できない」ととんでもない相談を持ち掛けるが、そこで、ハルコが放った超毒舌アドバイスとは!? さらに矛先は絶賛不倫中のいづみにも向くかと思いきや…。オトナの土ドラ史上最強スーパーレディー爆誕! 世の不正や悩みをなぎ倒す、痛快毒舌エンターテインメント、開幕!
出演:大地真央、松本まりか、真魚、合田雅吏、蕨野友也、今野浩喜、高橋ひとみ、田山涼成
原作:林真理子
監督:大谷健太郎、渋谷未来
脚本:西荻弓絵
公開日:2021年04月10日
製作年:2021年
製作国:日本


【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【dmm】
【Abema】 【WATCHA】 【動画】 【ブログランキング】

ドラマさ行,ドラマ

桜の塔
玉木宏が、トップを目指し《野望の階段》を駆け上がるエリート警察官に!
2016年――東京都内の銀行で、一般市民を人質に取った立てこもり強盗事件が発生した!警視庁刑事部捜査一課の主任・水樹爽(広末涼子)は部下の富樫遊馬(岡田健史)らを率い、事件現場を包囲。現場からの連絡を受け、地方大学出身の「外様派」刑事部長・千堂大善(椎名桔平)は警備部所属の特殊急襲部隊「SAT」の出動を要請する。
だが、彼と共に次期警視総監の座を争う「薩摩派」警備部長・権藤秀夫(吉田鋼太郎)と「東大派」警務部長・吉永晴樹(光石研)――警視庁のスリートップが繰り広げる“それぞれの思惑をはらんだ話し合い”は決裂。そうこうしているうちに、覆面をかぶった犯人が人質の一人に発砲し、まんまと裏口から逃走するという大失態を招いてしまう!
 上層部による話し合いの詳細については知る由もないが、明らかに“防げたはずの事件”を防げなかったことに、激しい怒りに震える爽。だが、ずば抜けたプロファイリング能力を誇る警視庁捜査共助課の理事官・上條漣(玉木宏)は極めて冷静だった。彼は隙のない理論でSATを出動させなかった理由を説明して見せたばかりか、現場の刑事たちが見抜けなかった“犯人特定の手がかり”をも提示したのだ!しかもその矢先、千堂が“ある事情”から自らの娘・優愛(仲里依紗)の婚約者で、捜査の陣頭指揮をとっていた捜査共助課課長・佐久間義孝(少路勇介)を外し、漣を代理として引き上げる。そんな状況を冷ややかに見守る権藤と吉永。彼らの派閥に属するキャリア組も一斉に捜査から手を引いてしまい。
 一方、漣は幼馴染でもある爽に、強盗犯は誰だと思うか尋ねる。犯人が使ったのは最新の3Dプリンターで作製した改造銃だという漣の見立てを元に絞り込んだ容疑者の中から、爽は刑事の勘で蒲生兼人(森崎ウィン)がホンボシだと推測。そんな爽に、漣は“とんでもない指示”を出し!?
出演:玉木宏、広末涼子、岡田健史、森崎ウィン、渡辺大知、馬場徹、井本彩花、岡部たかし、小松和重、長谷川朝晴
脚本:武藤将吾
主題歌/挿入歌:宮本浩次
公開日:2021年04月15日
製作年:2021年
製作国:日本


【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【dmm】
【Abema】 【WATCHA】 【動画】 【ブログランキング】