ドラマ,ドラマま行

まだ結婚できない男
阿部寛主演で2006年に放送された「結婚できない男」の続編。
53歳となり、偏屈さに磨きがかかった独身の建築家・桑野の日常を描く。彼女との破局後、少し恋愛モードに傾いていた桑野の気持ちは再び固く閉ざされ、独り身を満喫していた。しかし桑野の運命は、偶然出会った女性たちによって突然動き始める。

桑野信介(阿部寛)は腕のいい建築士。ルックスもさることながら収入も人並み以上だが、「メリットがない」という考えから結婚の経験はなく、さらに、偏屈で皮肉屋、プライドが高くこだわりも強いので、恋人を作ることもなく、気楽なシングルライフを送っていた。母の桑野育代(草笛光子)と妹の中川圭子(三浦理恵子)は、そんな“結婚できない”桑野の性格を嘆くが、唯一、義弟の中川良雄(尾美としのり)だけは良き理解者。さらに、かつての部下で、現在は共同経営者の村上英治(塚本高史)も、長年の付き合いから桑野の性格を熟知していた。

そんなある日、日課のエゴサーチで、桑野を非難している“やっくんのブログ”の検索ランキングの順位が上がっていることに気がつき、桑野は怒りをあらわにしていた。近所でたまたま事務所を構えていた弁護士の吉山まどか(吉田羊)に相談するが、例のごとく、偏屈な発言を連発する桑野の言動に、まどかは戸惑いつつも「敵を作りやすい」とチクリ。しかし、嫌味など意に介さない桑野は、後日、まどかの弁護士としての実力を測るべく裁判所を訪れ、驚くまどかをしり目に離婚裁判を傍聴するのであった。

脚本:尾崎将也
演出:三宅喜重、小松隆志、植田尚
出演:阿部寛、吉田羊、深川麻衣、塚本高史、咲妃みゆ、平祐奈、阿南敦子、奈緒、荒井敦史、小野寺ずる、美音
第1話「相変わらず一人が好きで悪いか!!」
第2話「婚活アプリで出会って悪いか!!」
第3話「若い女優とウワサになって悪いか!!」
第4話「母親とケンカして悪いか!!」
第5話「神様にお願い事して悪いか!!」
第6話「見た目で判断して悪いか!!」
第7話「カフェが好きで悪いか!!」
第8話「結婚を祝わなくて悪いか!!」
第9話「偏屈男が素直になって悪いか!!」
第10話「幸せになりたくて悪いか!!」


【hulu】 【unext】 【動画】 【tutaya】
【dTV】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】

ドラマ,ドラマま行

人気放送作家・鈴木おさむの小説を原作に、堤真一や岡田将生らが出演する、2017年12月2日(土)22時からWOWOWで放送がスタートする秋ドラマ『名刺ゲーム』。
【原作内容】
神田達也は「クイズ!ミステリースパイ」でようやくヒットを飛ばした遅咲きのテレビプロデューサー。ある夜、帰宅してみると、息子の和也がリビングの壁に磔にされ、傍には見知らぬ男が立っていた。男は6枚の名刺を取り出し、あるゲームに参加するよう神田に命じる。ゲームの名は「The Name」。部屋に招き入れられた5人の男女それぞれに、正しい名刺を返すことができればクリアだという。しかしそれは、一度でも間違えば和也に取り付けた爆弾のスイッチを押す、という条件つきの“死のゲーム”だった!独裁者を自認する男の栄光と狂気と闇が招く、驚愕のエンディング。
原作 鈴木おさむ
監督 木村ひさし
出演 堤真一 岡田将生 大友花恋 落合モトキ 柳ゆり菜 河井青葉 夏菜 田口トモロヲ
脚本 渡部亮平
【サブタイトルとストーリー】
第1話 ゲーム?
エンターテインメント業界の裏側を描く鈴木おさむの同名小説をドラマ化。人気クイズ番組のプロデューサー・神田(堤真一)が目を覚ますと、ボイラー室にいた。そこへ謎の男X(岡田将生)が現れ、神田に制限時間2時間の名刺ゲームを仕掛ける。娘(大友花恋)を人質に取られた神田はゲームに挑むことに。


【hulu】 【unext】 【動画】 【tutaya】
【dTV】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】