ドラマあ行,ドラマ

荒ぶる季節の乙女どもよ。
アニメでも人気を博した作品、女子高生が性について議論するドラマ。
文芸部に所属する女子高校生5人の物語。変わり者の多い文芸部は他の生徒からは「掃き溜め」と揶揄され、部員は皆、色恋沙汰とは縁遠い学生生活を送っていた。
ある日、文芸部で「死ぬ前にしたいこと」について語り合っていた時、部員の一人が投じた「セックスです」という発言。
その瞬間から彼女たちは、これまで目を逸らしてきた自らを取り巻く”性”に向き合い、”性”に振り回される日々が始まるのだった。
監督:酒井麻衣
出演:山田杏奈、玉城ティナ、横田真悠、畑芽育、田中珠里、井上瑞稀、前田旺志郎、田川隼嗣、鶴見辰吾、古川雄輝
脚本:岡田麿里
原作:岡田麿里、絵本奈央
主題歌/挿入歌:OP:「友よ恋よ」by 三坂咲:ED:「仮病」by ザ・コインロッカーズ
公開日:2020年09月08日
製作年:2020年
製作国:日本


【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【tutaya】
【dmm】 【動画】 【ブログランキング】

ドラマあ行,ドラマ

いとしのニーナ
第1話「史上最悪の出会い」「清流女学園の青田新名を拉致りました」親友のマサ(望月歩)にそう言われた外山厚志(岡田健史)は目の前の光景に愕然とする。そこには、毎朝通学バスで見かける憧れの青田新名(堀田真由)・通称ニーナが手足を縛られ、口をふさがれて泣いていた。厚志はマサがひとりでこんなことを計画する奴ではないとマサに共犯を聞くが答えない。そこにメールが届く。学校一の不良牛島清貴(笠松将)が関わっていると気が付いた厚志は、マサにニーナを連れてみんなで逃げようと提案するが・・・。

第2話「守るってどーやって??」いつもの通学バスに乗っていた厚志(岡田健史)の傍らには、ニーナ(堀田真由)と麻美(長見玲亜)がいた。清流女学園前のバス停で降りる3人。麻美は厚志に降りる理由を聞く。厚志はニーナのボディーガードを務めようと必死だった。その後、ボディーガードをいいことに、ニーナと麻美に振り回される日々。学校では牛島(笠松将)に脅され、マサは音信不通。ある日、ニーナを家まで送る帰り道。ニーナに毎晩12時ちょうどに電話するように言われる。ニーナは人に言えない傷を心に抱えていた・・・。

第3話「親友だと思ってた・・・」体育館倉庫で倒れている厚志(岡田健史)のもとに、裕介(名村辰)と直輝(曽田陵介)がやってくる。牛島(笠松将)が婦女暴行で逮捕されたと言う。ニーナの件で捕まったのかと思う厚志。牛島のいなくなった学校に久々に登校してくるマサ(望月歩)に厚志はうれしくて話しかける。よそよそしいマサに厚志は溝を感じる。マサとの溝を修復しようと厚志はニーナにお願いごとを持ち掛ける・・・。

第4話「恋愛にしてみる?」マサ(望月歩)の本心を聞いてしまった厚志(岡田健史)は立ち直れずにいた。そんな時、ニーナ(堀田真由)から呼び出される厚志。しぶしぶ出掛けるも、ニーナが励ましてくれたと気づいた厚志は、マサと仲直りしようと心に決める。そんな中、マサは暴飲暴食を繰り返していた。コンビニで会った麻美(長見玲亜)はマサが太っていることに気が付く。そして、そんなマサの核心を突く。厚志がマサとの仲直りに奮闘していたある日、ニーナから一本の電話が入る。「助けて!厚志」そう言って電話は切れた。部屋を飛び出す厚志・・・!!!

第5話「トラウマの在り処」ニーナ(堀田真由)の部屋で、静かに、でも震えながら話すニーナを厚志(岡田健史)は優しく包みこんだ。学校で厚志はマサ(望月歩)にニーナとのことをうまく報告出来ずにいた。そんなところへ、牛島(笠松将)が釈放されたと裕介(名村辰)と直輝(曽田陵介)に聞かされた。牛島の話をしていると、同じクラスの山田うた(古川琴音)もやってきた。うたの話を聞きながら厚志はニーナを重ねるも日々の幸せに浮かれていた。厚志とニーナの関係も順調なそんなある日、ニーナの前に牛島が現れて・・・。

第6話「性善説ってわかりますか?」牛島(笠松将)がニーナ(堀田真由)に会いに来た真意を探ろうと、厚志(岡田健史)とマサ(望月歩)は意を決して牛島の家に向かう。ドタバタの末に牛島家を飛び出す厚志とマサ。その後、厚志はニーナと会い、マサは麻美(長見玲亜)にメールを送った。ある日、厚志の前に牛島の弟だと名乗る男の子が現れた。牛島弟の雅(尾形颯太)と一緒にニーナの待つカフェへと向かう厚志。性善説を訴える雅にマジ切れしたニーナに厚志は・・・。

第7話「僕の声は届かない・・・」ニーナ(堀田真由)に言ってしまった一言を厚志(岡田健史)はひどく後悔していた。するとマサ(望月歩)が突如、「牛島から手を引きたい」と言ってきた。動揺を隠せない厚志。そして、厚志はニーナから拒否られていた。電話もメールもニーナに繋がらなかった。思い詰めた厚志は、ニーナの家の前でニーナを待った。帰ってきたニーナに強く拒絶されニーナの気持ちが一層わからなくなっていた。一方で、マサ(望月歩)も麻美(長見玲亜)に別れを告げられていた。そんな時、厚志に牛島(笠松将)が会いにきた・・・。

第8話「僕らの恋の始まりと終わり」この一連の始まり、牛島(笠松将)がニーナ(堀田真由)を拉致した本当の理由を掴んだ厚志(岡田健史)とマサ(望月歩)は牛島(笠松将)を呼び出し、自分たちの推理をぶつける。 真実を知った厚志とマサは、この出来事に決着をつけようと立ち上がる。厚志はニーナに会いに行く。細々と、だけど誠実に語る厚志にニーナは静かに耳を傾けた。そして、あの日、拉致事件を起こしたアパートで、厚志、マサ、牛島がニーナを待つ・・・。
原作:いくえみ綾
脚本:阿久津朋子、錦織伊代
出演:岡田健史、堀田真由、望月歩、長見玲亜、笠松将
製作年:2020年
公開日:2020年05月18日
製作国:日本


【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【tutaya】
【dmm】 【動画】 【ブログランキング】

ドラマあ行,ドラマ

おカネの切れ目が恋のはじまり
松岡茉優TBS連続ドラマ初主演!演じるのは、とある過去が原因で「清貧」という価値観で生きるアラサー女子・九鬼玲子。その玲子が勤めるおもちゃメーカーの御曹司で、「浪費」にかけては天賦の才能を持った男・猿渡慶太には三浦春馬。慶太は営業部に在籍していたが、浪費のしすぎで玲子がいる経理部に異動になる。
すべてが計算通りの人生だった玲子だが、人生初にして最大の誤算!ひょんなことから鎌倉にある玲子の実家に慶太が住み込むことになり…。おカネを正しく使うことにこだわる”清貧女子”VSとことんおカネにルーズな”浪費男子”、正反対の価値観を持つ2人の”じれキュン”ラブコメディが始まる。
ストーリー(全4話に変更)がどうなるかは分かりませんが、内容云々は関係なく、放送してくれるということに凄く意味があると思います。
脚本:大島里美
出演:松岡茉優、三浦春馬、三浦翔平、北村匠海、ファーストサマーウイカ、星蘭ひとみ、稲田直樹、河井ゆずる、キムラ緑子、草刈正雄
主題歌/挿入歌:Mr.Children
公開日:2020年09月15日
製作年:2020年
製作国:日本


【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【tutaya】
【dmm】 【動画】 【ブログランキング】

ドラマあ行,ドラマ

アンサング・シンデレラ病院薬剤師の処方箋
葵みどり(石原さとみ)は、萬津総合病院薬剤部に勤務する薬剤師。救急センターで蜂に刺されて搬送された患者への医師の投薬を薬剤部副部長の瀬野章吾(田中圭)とサポートしていた。そこに、薬剤部部長の販田聡子(真矢ミキ)が新人の相原くるみ(西野七瀬)を連れて来た。心肺停止に陥った患者が心臓マッサージを受ける中、みどりは患者が日常服用している薬に気づく。
それを医師に報告したことで、患者の心拍は回復。薬剤師が患者を救ったと、くるみは感動。しかし、患者の家族たちは、医師にしか感謝をしない。くるみに疑問をぶつけられたみどりは、「感謝されたいなら薬剤師は向いてない」と答える。

患者の投薬状況を見て回るみどりの早足に、くるみは着いて行くのがやっと。医師から小児病棟の糖尿病患者、渡辺奈央の血糖値が安定しないと聞けばすぐさま病室に赴くみどり。その病室には奈央と仲の良い森本優花も入院中。優花も糖尿病で入退院を繰り返していた。

薬剤室に戻ったみどりは刈谷奈緒子(桜井ユキ)に一喝される。医師から続々と届く処方箋の調剤に大忙しだからだ。みどりは届いた処方箋をくるみにも渡して調剤を始めた。羽倉龍之介(井之脇海)が、くるみの紹介をするが誰も手を止める事はない。そんな時、みどりは林医師の処方箋に疑問を抱く。すぐに、みどりは林に疑義照会(処方箋を出した医師への問い合わせ)をする。これが林とみどりの因縁に。
出演:石原さとみ、西野七瀬、桜井ユキ、井之脇海、金澤美穂、真矢ミキ、でんでん、池田鉄洋、迫田孝也、田中圭
原作:荒井ママレ
脚本:黒岩勉
主題歌/挿入歌:DREAMS COME TRUE
公開日: 2020年07月16日
製作年:2020年
製作国:日本


【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【tutaya】
【dmm】 【動画】 【ブログランキング】