邦画,邦画ま行,コメディ

広瀬アリス主演、福岡県の宮地嶽神社を舞台にした青春コメディ。
しわすは、現在就活中。父が宮司をしている神社で巫女のバイトをしている。
「就職が決まったら巫女なんかすぐにやめてやる」と父に言いながらも、しわすはやりたいことや夢があるわけではない。
しかも、子どもの頃に母親が家を出て行った事がトラウマで、何かしら反発してしまう。
そんな時、神社でボヤ騒ぎが起こったり、賽銭や食べ物が盗まれたりする事件が発生。夜中の境内見回り中、しわすは社殿に隠れて居た5歳の少年、健太を捕まえる。
一切口を聞かない健太。しばらくの間、神社で面倒を見ることになり、しわすはイヤイヤ健太の世話係になる。そんなある日、母親の美和が健太を迎え に来て、しわすは世話係から解放される。
数日後、健太が再び境内に隠れて居るのが発見される。顔には殴られたアザが・・・。
児童相談所の相談員を交えた話し合いの席で、「誰に殴られたの?」と問われた健太はしわすを指さす。 唖然とするしわす。
警察も動き出す事態になり、疑惑の目で見られるしわすが最後に取った行動とは・・・。

キャスト・作品情報


監督:グ スーヨン
出演:広瀬アリス、山口太幹、仁村紗和、山崎萌香、川津明日香、MEGUMI、飯島直子、リリー・フランキー
脚本:具光然
原作:グブラザーズ
音楽:Lowland Jazz
製作年:2017年
製作国:日本
時間:98分
就活中のしわすは、父親が宮司をしている神社で巫女のバイトをしている。ある夜、境内に隠れていた5歳の少年・健太を捕まえたしわすは、嫌々ながら健太の面倒を見ることに。


【hulu】 【unext】 【動画】 【動画】 【Abema】
【動画】 【クランクイン動画】 【ブログランキング】

洋画(外国),洋画な行,アクション,コメディ,ラブストーリー/ロマンス

トム・クルーズとキャメロン・ディアス共演で贈る、スリルとロマンス+コメディ要素満載のスパイアクション。
ジューンはある日、えたいの知れない男と思いがけない出会いを果たすが、その男はジューンが夢に見た理想の男性どころか、重要任務を負ったスパイだった。
予想外の裏切りや暗殺者による執拗な攻撃が日増しに強くなる中、ジューンは男に対して疑念を抱き始める。

キャスト・作品情報


監督:ジェームズ・マンゴールド
出演:トム・クルーズ、キャメロン・ディアス、ピーター・サースガード、オリヴィエ・マルティネス、ポール・ダノ、マーク・ブルカス、マギー・グレイス
制作:キャシー・コンラッド、トッド・ガーナー
脚本:パトリック・オニール
上映日:2010年10月09日
製作年:2010年
製作国:アメリカ
原題:KNIGHT & DAY
時間:110分


【hulu】 【unext】 【動画】 【動画】 【Abema】
【動画】 【クランクイン動画】 【ブログランキング】

洋画(外国),洋画は行,SF,コメディ

ノルウェーの僻地ヘスダーレンという町?村?の上空に緑色の謎の光を度々目撃するようになる。
そして、その日からヘスダーレンは謎の光の町としてノルウェー内で有名になる。
ヘスダーレンとは違うノルウェーの中心部で働いている主人公セブ。
主人公セブは会社の大物の顧客であるカスペルという人物にプレゼンをするが、あっさりあしらわれてしまう。
結婚も間近に迫り、一旗あげたいセブはどうにかカスペルの心を掴みたい。
そこで、会社の同僚アウドゥンが企画したセブの独身最後のパーティにカスペルを誘うのであった。
その独身最後のパーティが謎の光の町として有名になっているヘスダーレンだった。
そして、そのパーティにはかつてレーザータグ(光線銃/レーザー銃を使ったサバイバルゲーム)で一緒に世界王者になった幼馴染ミッケルも参加していた。
ヘスダーレンについた御一行。最初は楽しくパーティを楽しんでいたが、ヘスダーレンにある町ギュレラで驚愕の真実を知る…御一行は一体どうなる?

キャスト・作品情報


監督:マーティン・ソフィーデル
出演:アクセル・ベユム、フレデリック・スコッスラッド、イングリッド・ボルゾ・ベルダル、アンドレー・ソーラム、マティアス・ルッピチーニ、アイリク・ハラート、エブリン・ラスムッセン・オサズワ
脚本:エマヌエル・ノルドラム
原題:Blasted/Blasted – Gutta vs. Aliens
製作年:2022年
製作国:ノルウェー
時間:115分


【hulu】 【unext】 【動画】 【動画】 【Abema】
【動画】 【クランクイン動画】 【ブログランキング】

洋画(外国),洋画ま行,アクション,コメディ

失敗続きの起業家テディは、ひょんなことから”マン・フロム・トロント”と呼ばれる殺し屋に間違えられる。
FBIから捜査のため彼になりすませと言われるが、その後彼と手を組み危ない橋を渡るハメになり……。
期待を大幅に超えるほどではないが、決して裏切ることはない、ちょうどいい感じのアクション・コメディ。すぐに忘れて、忘れた頃にまた見たくなって、また見ても思い出せなくて一から新鮮な気持ちで楽しめるやつ。
そういう意味で、これまでの作品ラインナップから見てもハズレなしのこの監督、もはやリチャード・ドナーの後継者と言ってもいい。

キャスト・作品情報


監督:パトリック・ヒューズ
出演:ケイリー・クオコ(ケイリー・クオコ=スウィーティング)、ケヴィン・ハート、ウディ・ハレルソン、エレン・バーキン、メラニー・リバード、リーラ・ローレン、山下智久
脚本:ロビー・フォックス、クリス・ブレムナー
原題:The Man from Toronto
製作年:2022年
製作国:アメリカ
時間:111分


【hulu】 【unext】 【動画】 【動画】 【Abema】
【動画】 【クランクイン動画】 【ブログランキング】