洋画(外国),洋画ま行,伝記

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙
メリル・ストリープ主演、かの有名な鉄の女、マーガレットサッチャーの生涯を描いた話だが、主題は政治家としての手腕ではなく、結婚、政界入り、夫との死別、そして老後と彼女の生涯を通して描いている。
食料品店の娘だったサッチャーは同級生から疎まれるほどに勉学に励み名門オックスフォード大学に入学。
やがて政治家を志すも最初の選挙では落選。失意に落ち込んでいた所に応援していた友人デニスよりプロポーズを受けて結婚。
その後選挙にも当選して男社会の政界に進出する。
当時、労働組合の力が強すぎて公共サービスすらストで機能せず、ロンドンにはゴミの山が溢れる有様。
決断できない保守党に痺れを切らしたサッチャーは自ら党首になることを決意しイギリス首相にまで上り詰めるも、公費支出削減等の緊縮財政政策は国民のみならず保守党からも不満の声噴出する。
そんな中、アルゼンチンとの間にフォークランド紛争勃発してしまう。戦争に臨む首相としてのサッチャー、戦死した自国兵士家族を思いやる母親としてのサッチャーがどちらも印象深かった。
監督:フィリダ・ロイド
出演:メリル・ストリープ、ジム・ブロードベント、オリヴィア・コールマン、ロジャー・アラム、スーザン・ブラウン、ニック・ダニング、ニコラス・ファレル
制作:ダミアン・ジョーンズ
脚本:アビ・モーガン
原題:The Iron Lady
上映日:2012年03月16日
制作年:2011年
制作国:イギリス
時間:105分
夫に先立たれ、静かに晩年を過ごす86歳のマーガレット・サッチャーは、夫との思い出や結婚生活、政治人生を振り返り始める。


【hulu】 【unext】 【フル】 【動画】 【tutaya】
【dTV】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】