洋画(外国),洋画た行,アクション,アドベンチャー

トゥームレイダー2
アンジェリーナジョリーのトレジャーアクション映画の2作目。
世界中に疫病を発生させるパンドラの箱というものがあった。ララは悪の組織の手にそれが渡らぬように先に見つけようとする。
中国都市部やアフリカなど世界中を回る。
ガンアクションが前作より増している印象だった。ララの家のエンジニアがヘリも操縦できて優秀すぎる。
ギリシャのサントリーニ島で地震が発生し、地中海海底から“月の神殿”が姿をあらわした。ララは仲間とともに遺跡に直行し、アレクサンダー大王像胸部にはめ込まれたメダリオンと鉄の檻に入れられた黄金の珠を発見する。だが、その二つを取り出そうとしたとき、彼女は謎の部隊に襲われ、二つとも奪われた挙句、仲間を殺された。
これら二つは恐るべき兵器となるパンドラの箱のありかを示すもので、襲った一味は生物兵器の専門家ジョナサン・ライス博士が差し向けたものだった
監督:ヤン・デ・ボン
出演:アンジェリーナ・ジョリー、ジェラルド・バトラー、クリス・バリー、ノア・テイラー、シアラン・ハインズ、キアラン・ハインズ、クリストファー・バリー
制作:ローレンス・ゴードン
脚本:ディーン・ジョーギャリス
原題:LARA CROFT TOMB RAIDER;THE CRADLE OF LIFE
上映日:2003年09月20日
制作年:2003年
制作国:アメリカ
時間:117分


【hulu】 【unext】 【動画】 【tutaya】
【dTV】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】

洋画(外国),洋画た行,アクション,アドベンチャー

トゥームレイダー
アンジェリーナ・ジョリーのかっこよさと美しさを鑑賞できる映画。
アンジーが過酷なトレーニングを積んでこの主役ララ・クラフトを演じて以来、彼女のアクションは後の映画作品にも大きく活かされて行く。
特にこの作品では、鍛え上げられた肉体美の中に、女性特有のしなやかさとセクシーさを兼ね備えていて、アンジーの魅力を最大限に引き出している。
幼いころ父であるクロフト卿を亡くしたララ・クロフトは世界各国の遺跡から宝物を発掘する一流のトレジャー・ハンターとなっていた。父が残した邸宅の中に残された時計を発見したララは、その中に、光のトライアングルを探すカギを見つける。
だが、イルミナティの一員である、パウエル一味の襲撃を受け、そのカギを奪われてしまう。生前に父が遺した手紙から、光のトライアングルを持つものは時を支配できることを知ったララは、光のトライアングルが、悪用されぬように、二つに割られて2カ所に隠されているうちのひとつ、カンボジアのアンコールワットに行く。
監督:サイモン・ウエスト
出演:アンジェリーナ・ジョリー、ダニエル・クレイグ、レスリー・フィリップス、ジョン・ヴォイト
制作:ローレンス・ゴードン、ロイド・レヴィン
原題:LALA CROFT:TOMB RAIDER
上映日:2001年10月06日
制作年:2001年
制作国:アメリカ
時間:101分


【hulu】 【unext】 【動画】 【tutaya】
【dTV】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】

洋画(外国),洋画さ行,アクション,アドベンチャー

センター・オブ・ジ・アース
地質構造学の科学者で大学教授のトレバーは、10年前に行方不明となった兄マックスの遺志を継ぎ、地球内部に関する研究を行っていた。
そんなある日、兄の13歳になる息子ショーンを預かることになったトレバーは、ショーンの愛読書『地底旅行』の中に、マックスが書き記したメモを発見する。
それがマックス失踪と関連があると考えたトレバーは、調査を進めるためショーンと共にアイスランドへと向かう。そして、現地の美人山岳ガイドのハンナを案内人に、ヴェルヌの『地底旅行』で“地球の中心へとつながる入口がある”と書かれているスネフェルス山へ向かうのだが。
地球の中心があると言って冒険に出かけたまま戻らなかった父を持つショーンと、叔父のトレバー、山岳ガイドのハンナとともに冒険へ。命が百個あっても普通なら死んでると思うけど、そこは映画なのでよし。ありとあらゆる生物や危険がたくさんの洞窟。夢があって良い。
監督:エリック・ブレヴィグ
出演:ブレンダン・フレイザー、ジョシュ・ハッチャーソン、アニタ・ブリエム、セス・マイヤーズ、ジャン・ミシェル・パレ、ジェーン・ウィーラー、フランク・フォンテイン
制作:トビー・エメリッヒ
原作:ジュール・ヴェルヌ
原題:JOURNEY TO THE CENTER OF THE EARTH
上映日:2008年10月25日
制作年:2008年
制作国:アメリカ
時間:92分


【hulu】 【unext】 【動画】 【tutaya】
【dTV】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】

アニメ(anime),TVアニメは行,アドベンチャー,ファンタジー

ベイマックス/BIG HERO 6
架空の街サンフランソウキョウに暮らすヒロ。そして一流のサイエンススクールに通う兄のタダシとその同級生たち。ヒロは、兄が発明したケアロボット・ベイマックスを通じて様々な経験をする。私たち観客は、そんなヒロと一緒にたくさんの愛情や思いやりに触れていく。

幼い頃に親を亡くした14歳の天才少年ヒロは、唯一の理解者である優しい兄タダシを謎の事故で失う。ある日、タダシが人々の心と体を守るために開発したケア・ロボット<ベイマックス>が彼の前に現れ、心に深い傷を負ったヒロの声なきSOSをキャッチする。おせっかいなほど真剣にヒロをケアするベイマックスに、ヒロも次第に心を開いていく。
ヒロの発明品が盗まれたことがきっかけで、ふたりは兄タダシの死が事故でなかったことを突き止める。兄の仲間たちの協力を得て、彼らは危険をかえりみずに真相に近づいていく。人を傷つけることを禁じられたベイマックスは、ケア・ロボットとしての能力を駆使してヒロを守り抜こうとする。だが、ヒロはまだ知らなかった。兄タダシがベイマックスに託した本当の使命を・・・。
とにかくヒロインたちがかっこよくて可愛くて、見ててわくわくする映画!でも派手なアクションばかりではなくて、みんなの間の絆や思いやりが見えて、とても愛おしくて。
そして、主人公のヒロがとても真っ直ぐで必死で、でも優しくて。
笑ったり泣いたり、とても楽しい映画でした。
監督:ドン・ホール、クリス・ウィリアムズ
出演:スコット・アツィット、ライアン・ポッター、T・J・ミラー、ジェイミー・チャン、デイモン・ウェイアンズ・Jr、ジェネシス・ロドリゲス、ダニエル・ヘニー、マーヤ・ルドルフ
脚本:ロバート・L. ベアード、ダニエル・ガーソン
制作:ジョン・ラセター、ロイ・コンリ
原作:スティーブン・T・シーグル、ダンカン・ルーロー
音楽:ヘンリー・ジャックマン
上映日:2014年12月20日
製作年:2014年
製作国:アメリカ
時間:102分


【hulu】 【unext】 【動画】 【tutaya】
【dTV】 【dmm】 【動画】 【ブログランキング】