洋画(外国), 洋画あ行, アクション-

祖父と孫の世代を超えた戦場における勇気と決断を描いた戦争アクション。
第二次世界大戦の体験を孫に尋ねられ、当時の思い出の品々を手に取りながらゆっくりと話し出す。それらは決して栄光に満ちたものだけでなく、話したくないことももちろんあり、おばあさんが孫娘に言っていた「擦り傷に貼った絆創膏を剥がす時もまた痛かったでしょう?」というようなたとえが心に残る。
ワルサーも手榴弾の破片も部下との写真も、そこにまつわる記憶(物語)が傷となって忘れ去ることができない。
監督:サム・フィッシャー
出演:ジェームズ・クロムウェル、ジョナサン・ベネット、ジョン・クロムウェル、ジャクソン・ボンド
原題 Memorial Day
制作年 2011年
制作国 アメリカ
時間 108分
幼い頃、祖父の壮絶な戦争体験を聞いたカイル。時は経ち、イラク戦争で任務に当たっていたカイルは、ひとりの命を救うか、大勢を救うため見殺しにするかという決断を迫られる。


【ビデオパス】 【動画】 【人気ブログランキング】


【AU動画】 【tutayatv】 【dmm】

洋画(外国), 洋画は行, アクション-, コメディ-

ジョージ・ラトリフ監督作品に、『ゴーストライター』のピアース・ブロスナン主演で贈るクライムノワール。
なかなかのブラックコメディ、アメリカ南部のキリスト保守派や原理主義派が見たらガチ切れしそう。ブロズナンの胡散臭さ、ジェニファーコネリーや信者の狂信ぶり、保守派ならマジでいるタイプ。
新興宗教“三千年教会”の牧師ダン・デイは、その魅力溢れるルックスと話術で、人々を惹き付けていた。ある時、ダンは無神論者の大学教授ブレイロックと討論会を行う。
2人の舌戦を、ダンの熱狂的なファンであるグウェンとその夫カールも見守っていた。その夜、ダンと教授はカールも交えて酒を酌み交わす。その最中、ダンが持っていた銃が突然暴発、教授は撃たれて意識不明に。
ところがダンは、動揺するカールを言いくるめて教授が自殺したように偽装工作を行うのだった。さらにダンは自分に疑惑の目が向き始めるや、今度はカールに罪をかぶせようと画策し始める。
監督:ジョージ・ラトリフ
出演:ピアース・ブロスナン、ジェニファー・コネリー、エド・ハリス、グレッグ・キニア
制作 キャシー・シュルマン
脚本 ジョージ・ラトリフ
音楽 ジョージ・S・クリントン
原題 Salvation Boulevard
制作年 2011年
制作国 アメリカ
時間 94分
伝道師のダンは、誤って不神信者を殺害してしまったところを、かつてダンの教会に救われたカールに目撃される。警察の取調べが始まると、ダンはカールに罪を着せようとし。


【ビデオパス】 【動画】 【人気ブログランキング】


【AU動画】 【tutayatv】 【dmm】

洋画(外国), アクション-, 洋画ま行

第2次世界大戦下、ナチスとソ連の熾烈な諜報戦と命懸けのミッションを描いた戦争アクション。
1944年のベラルーシでソ連軍のジャラフ少将はドイツ軍の暗号を解読しようと奮闘していたが、ドイツ軍はジャラフ少将の誘拐をたくらんで罠をしかけ、少将がさらわれたところへ偵察小隊のベロフ大尉が現われてドイツ兵を殺戮、少将を見事に救い出すので大尉は少将の警護を担当することになり、少将の誘拐を断念したドイツ軍は少将の殺害をたくらんで狙撃兵を送り込み、ベロフ大尉の警護が万全であることから狙撃兵は援軍を求め、ドイツ軍が少将の殺害をたくらんでいることを察知したソ連側は裏切り者の存在を確信してスメルシュの少佐を送り込み、少佐は少将の身辺の調査を開始する。
監督:アレキサンダー・フランケヴィッチ=レイエ
出演:ウラジミ―ル・エピファンツェフ、アンナ・タラトルキナ、セルゲイ・ベルヤコヴィッチ
原題 Mortal Combat・Rifle Enemies
制作年 2012年
制作国 ロシア
時間 93分
ドイツへの侵入を目論むソ連軍。ソ連偵察小隊のリーダー・べロフは、ドイツ軍の奇襲によって拉致されようとしていたゼアラフ将軍を救出し。


【ビデオパス】 【動画】 【人気ブログランキング】


【AU動画】 【tutayatv】 【dmm】

洋画(外国), 洋画は行, アクション-

リュック・ベッソンが製作・脚本を担当。ペネロペ・クルスとサルマ・ハエックがお色気たっぷりの無法者に扮したセクシー・ガンアクション。
ラテン系二大女優が色んな格好をしながら喧嘩したりドタバタつるんだりする構図はコミカルで面白い。
二人とも女優としての貫禄があるせいで役柄の割にお嬢さんっぽくない感じもするが、まあ綺麗だし何だかんだで可愛らしいので結果オーライ。
キスやら何やらで翻弄されまくるスティーヴ・ザーンの立ち位置も妙に憎めない。そんなこんなで思ったより笑えたし、活劇としても案外ぼちぼち纏まってる。でも基本的にはユルめなのでのんびり見るべき作品。
監督:ヨアキム・ローニング
出演:ペネロペ・クルス、サルマ・ハエック、サム・シェパード、スティーヴ・ザーン
制作 リュック・ベッソン
脚本 リュック・ベッソン、ロバート・マーク・ケイメン
音楽 エリック・セラ
原題 Bandidas
制作年 2006年
制作国 フランス、メキシコ、アメリカ
時間 93分
1848年のメキシコ。鉄道建設を巡り父親を殺されたマリアとサラは、復讐を誓い銀行強盗になることを思い付く。


【ビデオパス】 【動画】 【人気ブログランキング】


【AU動画】 【tutayatv】 【dmm】