新着タイトル

更新アニメ

更新国内・海外ドラマ

サイダーのように言葉が湧き上がる

アニメ(anime)

サイダーのように言葉が湧き上がる
17回⽬の夏、地⽅都市。コミュニケーションが苦⼿で、⼈から話しかけられないよう、いつもヘッドホンを着⽤している少年・チェリー。彼は⼝に出せない気持ちを趣味の俳句に乗せていた。

矯正中の⼤きな前⻭を隠すため、いつもマスクをしている少⼥・スマイル。⼈気動画主の彼⼥は、“カワイイ”を⾒つけては動画を配信していた。

俳句以外では思ったことをなかなか⼝に出せないチェリーと、⾒た⽬のコンプレックスをどうしても克服できないスマイルがショッピングモールで出会い、やがてSNSを通じて少しずつ⾔葉を交わしていく。

ある⽇ふたりは、バイト先で出会った⽼⼈・フジヤマが失くしてしまった想い出のレコードを探しまわる理由にふれる。ふたりはそれを⾃分たちで⾒つけようと決意。フジヤマの願いを叶えるため⼀緒にレコードを探すうちに、チェリーとスマイルの距離は急速に縮まっていく。

だが、ある出来事をきっかけに、ふたりの想いはすれ違って。物語のクライマックス、チェリーのまっすぐで爆発的なメッセージは⼼の奥深くまで届き、あざやかな閃光となってひと夏の想い出に記憶される。

キャスト・作品情報


出演:市川染五郎、杉咲花、潘めぐみ、花江夏樹、梅原裕一郎、中島愛、諸星すみれ、神谷浩史、坂本真綾、山寺宏一
原作:フライングドッグ
監督:イシグロキョウヘイ
脚本:佐藤 大
キャラクターデザイン・総作画監督:愛敬由紀子
音楽:牛尾憲輔
演出:山城智恵
作画監督:金田尚美、エロール・セドリック、西村郁、渡部由紀子、辻智子、洪昌熙、小磯由佳、吉田南
原画:森川聡子
プロップデザイン:小磯由佳、愛敬由紀子
色彩設計:大塚眞純
主題歌/挿入歌:never young beach
上映日:2021年07月22日
製作年:2020年
製作国:日本
時間:87分

夏にぴったりのストレートな青春な物語。 最後の展開に胸が熱くなって感動したが、全体的に淡々と進んでいく感じ。 声もキャラに合ってて違和感は感じなかった。杉咲花さんの声が可愛いのでスマイルの魅力がより感じれた気がする。

音楽が最高にオシャレで牛尾憲輔だった。チェンソーマンも楽しみ。
杉咲花のこと忘れてて声優みたいで全然気付かなかった。山ちゃんも。
いいSNSで、甘酸っぱくなんとも粋なお話でした。若い人はもっとデジデジしてる方がいいのかな?
延期になる前に語られてたけど、マスクの意味合いが変わってしまう前の平時のお話でよかったです。大貫妙子はちょっと笑っちゃった。
【hulu】【unext】【Abema】【動画】【TSUTAYA】
【WATCHA】【dmm】【fod】【とれまが】【海外ドラマ】

【hulu】【unext】【WATCHA】【Abema】【動画】【動画】 【ブログランキング】
【MV】 【cinema】 【danime】 【フル動画】 【アニメ】 【動画】 【FC2ランキング】