新着タイトル

更新アニメ

更新海外ドラマ

劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス

広克行が総監督を務めた人気TVアニメ『PSYCHO-PASS サイコパス』の劇場版。
人々の精神を数値化する「シビュラシステム」が導入された近未来日本を舞台に描かれたSF警察ドラマで、テレビシリーズ第1期でも脚本・シリーズ構成を担当した虚淵玄がストーリー原案&脚本、本広総監督と塩谷直義監督もテレビシリーズから続投している。西暦2116年、「シビュラシステム」を輸出し、世界に広げようと計画する日本政府は、内戦状態のSEAUn(シーアン=東南アジア連合)の首都シャンバラフロートにシステムを実験的に導入。しかし、SEAUnからテロリストが日本に密入国し、シビュラシステムの中枢に攻撃をしかけてくる。公安局刑事課一係の常守朱は密入国者たちと対峙するが、やがて彼らを裏で手引きしている人物の存在が浮上する。その人物は、公安局刑事課一係の執行官だった男で、常守朱のかつての仲間だった。

アニメ一期、二期ではこのシビュラシステムに対して異議を唱えるテロリスト達との戦いだったが、(本当に理想的な社会なのか?システムに縛られ人々は自由にありのままに生きることが出来ない社会なのでは?的な) 今回は劇場版ということでスケールも大きく、なら紛争などの問題を抱えるそもそも平和🕊の価値観の全く違う国にとって「シビュラシステム」はどうやろか?的な話
監督:本広克行、塩谷直義
声優:花澤香菜、野島健児、佐倉綾音、伊藤静
脚本:虚淵玄
制作年:2014年
制作国:日本
時間:113分
2112年、新人監視官の常守朱と執行官の狡噛慎也は、ひとりの男と巡り合う。その男は、かつて起きた事件の黒幕。そして狡噛の復讐相手だった。その男――槙島聖護は、平和を支えるシステムの根幹を揺るがし、正義のありかを問いかけた。 やがて狡噛は自らの正義を槙島に遂行し、その身を隠遁してしまう… 2116年――日本政府は紛争国へ「シビュラシステム」と無人ロボット・ドローンの輸出を開始。世界にそのシステムの手を広げようとしていた。内戦状態だったSEAUn(東南アジア連合/シーアン)は「シビュラシステム」を実験的に導入。管理下に置かれた水上都市シャンバラフロートはつかの間の平穏と安全な生活を手に入れた。だが、そのSEAUnから日本へテロリストが送られる。「シビュラシステム」をかい潜り、中枢へ攻撃を仕掛けようとするテロリストたち。そこにはある男の影が落ちていた。刑事課一係の常守朱はシャンバラフロートの捜査へ旅立つ。新たなる地にもたらされた正義の真実が明らかになる――。
【hulu】 【ビデオパス】 【動画】 【TSUTAYATV】 【blogranking】
【映画動画ブログ村】 【videopas】 【U-NEXT】 【TTV】 【FOD】

【映画動画ランキング】
【hulu】 【au動画】 【動画】 【TSUTAYATV】 【人気ブログランキング】
【ビデオパス】 【U-NEXT】 【dTV】 【アニメランキング】 【FC2ランキング】
【ドラマ映画ランキング】
【映画動画ブログ村】 【AU動画】 【リンク切動画を探す】【TSUTAYATV】